Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・流れる千年に行ってきた
JUGEMテーマ:グルメ


みなさま、大変お久しぶりでございます。
6月に韓国に行ってからというもの、まったくこちらのブログを更新することなく、時が過ぎてしまいました。

7月から現在に至るまで、在日1世の祖母が急死したり、色々身内の不幸ごとが続き、食べ歩きや観光どころではない日々でした。

そんな中でも、既に8月の話ではあるのですが、大阪は鶴橋にある「流れる千年」という韓国茶のお店に行き、そのお店がとても最近行ったお店の中では気に入りましたので、そちらを紹介したいと思います。

近鉄鶴橋駅から歩いて10分ぐらいの、生野のコリアタウンと呼ばれるエリアにあるこちらのお店。残念ながらお店独自のHPはないようです。徳山物産という会社のHPでひっそりと紹介されています。こちらです。

鶴橋の市場のおじさんたちに「生野のコリアンタウンに行きたいのですけど」と聞いたら、親切に教えてくれるので、あまり迷うことなく私たちはたどり着けました。

今まで鶴橋には法事の買い物などで良く行ってましたが、コリアンタウンは今回が初めて。行ってみて、ここが日本での韓流ブーム以降、よく韓国好きのおばさんや修学旅行生が訪れている場所なのだと初めて知りました。

鶴橋の市場と雰囲気が少し違って、お店もお土産などを売っている観光客向けのお店が多かったです。

私の好きな東方神起のグッズやいろんな韓国スターのグッズを売っているお店もありましたが、そういう顔とかついたグッズを持つのは、さすがに恥ずかしいので買うのはやめました(笑)。関東で言えば新大久保みたいな感じですかね?

コリアンタウンをふらふらあるいて、ようやく「流れる千年」を発見!
私たちが到着したのが11時30ぐらいだったので、お店は空いてました。
1階が韓国のいろんなグッズや韓国の文化紹介のコーナーになっていて、2階がお茶と食事ができるようになっています。

私たちはまだお昼を食べるのには少し早かったので、飲み物を注文。
一緒に行った同じく在日コリアンのオンニ(お姉さん)は、五味子(オミジャ)茶のベリーソーダを、私は正統派の五味子(オミジャ)茶を頂きましたが、どちらも値段も安くて、おいしかったです!



これまで韓国茶で五味子(オミジャ)茶を飲んだことがなぜかなかったのですが、今回初めて飲んでみて、すっぱくて爽やかな飲みやすいお茶だと思いました。
飲む器もちょっとガラス製で形がしゃれていて、可愛かったですよ。



お茶を飲みながらおしゃべりした後は、お昼をオーダー。
食事は2種類ぐらいしかなくて、私たちは豚のスープに野菜のおかずやキムチ、ご飯がついてくるセットを注文。確かもう一種類は麺だったような?

出てきた定食はいかにも韓国って感じのヘルシーなお食事でしたよ。
スープの味付けは、自分で岩塩とほかの調味料を加減しながらできるので、自分の好みでで食べれますよ。



お茶と食事をしても全部で1000円ちょっとで、お値段も良心的だと思います。
とくにお茶が安くて、普通にお茶だけ飲んでも300円で、ご飯とセットだと更に100円引きです。
先ほど紹介したベリーソーダとかになると単品で400円と値段が少し高くなりますが、それでもそんなに高くはないですよね。

でも定食のご飯が、ご飯をよく食べる私には、量が少なすぎて・・・。
結局もう1杯おかわりして満腹になりました!(ちなみにおかわり1杯200円)

お店の雰囲気も、韓国らしいインテリアが置かれ、とても落ち着いた雰囲気で、京都の私の大好きな「素夢子古茶家」とはまた違った雰囲気のある、とても素敵なお店でしたよ。



唯一の欠点を言うと、多分行ったのが土日だったからでしょうか?
お昼を過ぎてランチタイムに突入すると、ものすごくお店が混んで来て、最後はもう席がないから出て行かざるをえない感じになってしまって・・・。
その点だけが残念といえば残念でしたが、2〜3時間ぐらいゆっくり寛がせてもらったので、十分でした。
行かれる際は、結構込んでいるかもしれないことは考慮して行かれた方が良いのかもしれません。予約の方もいるようでしたし。

でも店内は結構広くて、座席数は結構多いと思うので、なんとか多分座れるんじゃないでしょうか?



カウンター席もあって、そこには常連らしい方が座ってはお店の方とお話されてる、そんなアット・ホームなお店でしたよ。

鶴橋に行った際には立ち寄りたいお店が増えました。
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 19:08 / comments(6) / -
・大阪・光のルネッサンス2007
JUGEMテーマ:旅行


さてさて、北浜レトロで食べ過ぎてお腹が一杯の私たち。
食べたカロリーを消費すべく?いよいよ本日のメインイベント「光のルネッサンス2007」へ。
北浜レトロからは本当目と鼻の先。
 


テクテク歩いて、色んな会場を巡り歩いて、地下鉄淀屋橋へ向かいました。









    
  
最後に大阪市庁前の大きなクリスマスツリー


神戸のルミナリエ程の感動はなかったけど、十分綺麗でしたよ〜。
ルミナリエと違って、色んな種類のイルミネーションがあるのが楽しかったですかね〜。

一番印象に残ったのは、ビルの壁のサンタさん。何かすっごい可愛かったですよ〜。



中の島公園はバラが有名みたいなんですが、バラの形をしたイルミネーションもあって、可愛かったです。

美味しい食事も、綺麗なイルミネーションも見られて大満足な1日でした。 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 14:04 / comments(0) / -
・「北浜レトロ」で美味しいティータイム
JUGEMテーマ:グルメ

12月25日クリスマス当日は、珍しく仕事が休み〜。
だから喜んで、大阪にクリスマス気分を味わうべく母と「光のルネッサンス2007」を見に出かけました〜。

昨年クリスマスシーズンに神戸のルミナリエを見てから、何だかすっかりイルミネーション好きになった私たち親子。
それまでは「クリスマス?」「そんなの関係ね〜!」ってな人たちしたが、あんまりルミナリエが綺麗でしたから・・・。

と、言うわけで今年もイルミネーション見るぞ〜ってなことで、神戸はやはりちと遠いんで、今回は大阪・中之島公園付近で開催されている光のルネッサンス2007へ。

と、その前に、せっかく大阪まで出てきたんだからと、この周辺で良さそうなお店をネットでチャックしてあったんですわ〜。

それがここ、北浜レトロ。紅茶のお店なんです〜。



重要文化財の建物で英国伝統菓子と紅茶が楽しめるってコンセプトのお店です。

お店は見た目も本当レトロな感じ。店内に入ると、喫茶室は2階になっていて、1回ではケーキやお菓子、紅茶の販売がされています。

2階席に上がると、クリスマス当日だから混んでるかな〜と思いきや、あまり夜に紅茶を飲みにくるような人はいないのか、それとも単にクリスマスと言っても平日だからか、空いてました〜。



ここの建物からは「光のルネッサンス2007」の会場も少し見えて、綺麗なのに、ちょっと意外。

でも私たち親子はおかげでゆっくり美味しいものを食べながら眺めることが出来て嬉しかったですけど。



注文したのは、私がブログなどで皆さんおすすめされていた2000円のアフタヌーンティーセット、母はトマトとチーズのサンドイッチ、900円。

実はこの日、それまでさんざん食べまくってお腹一杯。
しかし今日せっかくここまで来たんだから、と注文する私たち。
初めに私が注文したセットについてくる紅茶が。
 


紅茶はすっごい沢山の種類の中から選べますが、私はウバを注文。
でも後でよ〜くメニューを見ると、こちらはフレイバーティーも天然香料を使用している、とのこと。
何だ、それじゃあそっちにしておけばよかった〜と思いました。
モネの「睡蓮」をイメージしたフレイバーティーとか何か変わっていてすっごい面白そうだったのに〜。気づくのが遅すぎました・・・。
 
そのうち、母の注文したサンドイッチが運ばれてきました。
が、しかし・・・。
そのボリュームを見て驚き!

あんまりお腹減ってないけど、サンドイッチぐらいなら食べられるかと注文したはずが、すごい量! 
添えてあるクレソンも枝ごとで、豪快!
サンドイッチの具もやたら具が厚いし、沢山入っている!
これぞ、男のサンドイッチ!みたいな豪快さと量です。



あんまりの量と具の多さにふたりで目を丸くしてしまいました。
これがお腹が減っているときだったら、どんなに喜んだことでせう・・・。

多分これまで見た中で一番具が多くて量も多いサンドイッチでしたね。。

野菜も沢山入ってますし、トマトなんて2センチぐらいの厚さありました。チーズも安っぽいチーズじゃなくて、百貨店とかで売ってる生乳と塩だけの100パーセント天然チーズが惜しげもなく入っています。

これで900円はお得な気がします。だって本物のチーズって少ししか入ってなくても何百円もするじゃないですか〜!!

いつもチーズを食べている、チーズにはうるさい母も「このチーズは本物や」と美味しそうに食べたてました。
しかし、あまりのボリューム&元々お腹減ってなかったんで、2切れぐらい食べたら、もう他は食べきれず、もったいないんで、お持ち帰り〜。

さて、私の注文したアフタヌーンティ−セットといえば・・・。


      
写真が暗くて、すみません〜

 
でかい。デカイです。
このケーキを楽しみにしていたんですが、実際目の辺りにすると、かなりの大きさにオドロカされます。



そしてスコーンも結構大きい。
ちなみにスコーンも数種類から選べます。



私はクルミと紅茶のスコーンを注文。
イチゴジャムと生クリーム(クロステッドクリーム?)がついてきます。

そして下段には黒胡椒の良く効いたサンドイッチ。

スコーン→サンドイッチという順番に繰り返し食べながら、なんとかどちらも食べた後、いよいよ本日のメインのベリーのケーキに。

あ、ちなみにケーキも数種類から選ぶことが出来るんですが、他のブログでもみなさん絶賛?されていたこのベリーのケーキに私も迷わず決めました!

何と言っても、数種理のベリーが惜しげもなくケーキの上にかかっているのが、
GOODです。
食べてみると、ベリー類にはほとんど甘味がつけられていない感じで、自然な甘さと酸っぱさがマッチして、これなら甘いの嫌いな男性でも食べられそうな感じです。

生クリームもあんまり甘くなくて、中には多分缶詰の黄桃と思われるものが沢山入っています。全体的にフルーツ沢山なケーキで、満足。

それにしても量が多かった・・・。

紅茶に関してはウバにしてはあんまり美味しく感じないな?ってのがあったのと、茶葉が入っているティーポットが金属製なので、やたら重いし、陶器より熱いんで、その点がちょっと残念。
しかも茶葉が入ったままなんで、どんどん紅茶が苦くなります。でも差し湯して薄められるし、ミルクを入れたら、苦味はあんまり気になりませんでした。

でも紅茶を本格的に楽しみたいって人で、紅茶だけを飲みに来たらあんまり満足しないかもしれません。でも他の紅茶もまだ飲んでないし、1種類飲んだだけじゃなんとも言えませんね。
 
私としては、量も多いしコストパフォーマンスの良い店だと思います。
食器類もアフタヌーンティ−セットでは全てウエッジウッドです。
 
母も気に入ったみたいで、店の名刺貰ってましたよ〜。 
 
 北浜レトロ(きたはまれとろ)
 大阪市中央区北浜1−1−26 北浜レトロビルヂング
 営業時間 [月〜金] 11:00〜21:30 [土・日・祝] 11:00〜19:00
 定休日 お盆・年末年始

 食べログより北浜レトロの紹介 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 13:02 / comments(0) / -
・梅田ハービスPLAZA ENT オイスターバーMAIMON
JUGEMテーマ:グルメ


前から、大阪の食べ歩きのブログを見て行きたかったお店。
何でも1500円のランチが、満足できるものであるとのこと。

期待を胸に、ひとりで用事の帰りに立ち寄りました。

まだ11時過ぎぐらいで、ランチを食べるには早いかな?って時間だったんですが、快く出迎えてくださいます。

入ると、まず段差があるんですが、お店の人がきちんと気をつけて案内してくださいます。これに関しては帰りも「段差にお気をつけ下さい」と案内してくださるので、親切なお店だと感じました。



席についたら、インスタントの紙しぼりではなく、きとんと温かいお絞りを持ってきて下さいます。この点も私的には大変好感が高かったです。
 
なぜなら、こういうチェーン店は大概が紙絞りだし、個人のお店でも紙絞りのお店が多くて、料理が美味しくても、紙絞りを出されると、その時点で、何だか印象が良くなかったからです。

特に寒い冬はやっぱり暖かいお絞りで手を拭きたいし、インスタントの紙お絞りは、以前知り合いから、水分が腐らないように防腐剤が沢山入っている、と聞いてから、あんまり使う気がしないからです。

でも一番の理由は、お絞りで、接客の手抜きが推測されるからですかね〜。
きとんとしたお絞りを出すか出さないかで、お店の客に対する態度がわかるって気がします。
  
その点で合格です。
 
注文は1500円のランチを注文。何をメインにするから数種類の中から選ぶことが出来ます。私はせっかくオイスターバーに来たんだからと、牡蠣と海老のフライを注文。
 
まず初めに前菜の盛り合わせが出てきます。
 

 
どれも味はまあまあ美味しいです。

次にスープ。このスープも選べるんですが、私はマッシュルームのコンソメスープを注文しました。良く料理番組でこういうおしゃれなスープを入れる皿を見かけますが、実物は初めて見ました。量が少なくても、豪華に見えますね〜。
 


多分人によっては、スープが少なくて不満に感じられる人もいると思いますが、私的には面白い器が見れたし、食事前にあまりスープを飲みたい人ではないんで、これで満足です。

次にサラダ。サラダも数種類から選べます。私はレッドビーツのサラダを注文。
 

 
普通こういうセットのサラダって、量が少ないんですが、こちらのサラダは結構量が多くて、少し驚きました。食べ応えありましたよ〜。

そしてメインの牡蠣と海老のフライ。
 


いずれも揚げたてを持ってきて下さるので、サクサクで美味しかったです。
タルタルソースと、ウスターソースの2種類の味が楽しめます。
さっきサラダが出てきたけど、きとんとこれにもキャベツの千切が添えられているのも
好感高し。これに白ご飯も勿論付いてきます。

最後にデザート。ケーキにアイスとオレンジが添えられています。ア
イスはまあそんな高いものではないでしょうね。味的に。
でもアーモンドが沢山散りばめられていて、美味しかったです。
 


紅茶も出てくるんですが、この紅茶がこういうチェーン店にしては、珍しく?まともな美味しい茶葉を使用されている味がしました。
私はおいしくない紅茶を出すお店には評価が厳しいんですが、こちらのお店は全く思いもかけず、まともな紅茶が飲めました。



しかもミルクはちゃんと牛乳を温めて出してくれます。これも評価高しです。
そのホットミルクが入っている容器も何だか可愛くて・・・。

そうそう、全体的に、こちらのお店は器に凝られていますね〜。
思わず、皿洗いの人を心配してしまうぐらい、色んな形の器を使用されています。

生牡蠣も付いてくる1980円ぐらいのコースでは、生牡蠣がのせられて出てくる皿なんて、すっごい立派な皿でしたよ。実際の料理の量より、器で沢山食べた気になるお店でした〜。

でも別に量が少ない、ってこともなく、1500円のコースで私は十分お腹が膨れました。
店内も、私はタバコを吸わないんで、禁煙席しか行ってませんが、大変スタイリッシュな感じだし(喫煙席も雰囲気良さそうでしたよ。完全に喫煙と禁煙が分かれているのも好感度高いですよね。)、サービスも行き届いている感じだし、食器は凝っているし、と1500円で色々楽しませてもらった気がします。

女性が好きそうなお店って感じがします。実際お昼は女性のグループで賑わってましたね〜。
このお店に関しては高いとか言う声も聞きますが、お昼を食べに行く限りはそうは全く感じさせないお店でしたよ。夜は高いのかもね〜。
 
 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 5F

 ぐるなびより   
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 12:02 / comments(0) / -
・大阪・本町の美味しいおうどん 憩家
JUGEMテーマ:グルメ

ほんま、最近は、大阪ばっかり出没してる私。
本来の、奈良・京都食べ歩きはどこへ行ったのやら・・・。

先日は、母が行きたいと言っていた「香園」って大阪の境筋本町にある中華のお店に行きました。お昼を食べた後、心斎橋までぶらぶら歩いていたら、行列が出来ているうどんのお店を発見!



なにやら、美味しそうなお店だけど、さっきお昼たべたばっかりだよ、と思いながらも、母がうどん好きで「また奈良からここまで食べに来る交通費を考えたら、いま食べようか」って言うんで、結局並ぶことに。

ちょうどお昼の12時半ぐらいだったんで、会社員やらOLやらで混んでる時間帯でした。外で待っている間に、注文を聞いてくれます。
私たちは、お店のおすすめと書かれていた「生醤油うどん」を注文。

混んでいても、10分ぐらいで中に入れてもらえ、混んでいるんで、当然?相席です。
席に着いたら、すぐに生醤油うどんが出てきました。

でも、出てきたおうどんを見てびっくり! 
注文するときに、「さっきお昼を食べたけど、一玉ぐらいなら、食べられるだろう」な〜んて、軽い気持ちで一玉注文したんですが、「これ本当に一玉!?」ってぐらい量が多いんです。



しかも、このお店、1玉も、1.5玉も、2玉も料金がまったく同じと言うから、価格がとっても良心的!

そのうえ、おうどんが、とってもつやつやしていてつるつるで、程よくコシがあって、おいしいんです。
大きくて立派なスダチも付いてきますし、葱と大根おろしも付いてくるので、とってもさっぱり食べられました。
 
しかし、やっぱり既に他のところでランチを食べていたんで、ここの一玉は私たちには多すぎました。それでも頑張って食べましたけど・・・。
 
ここはでも、お腹が空いたときにきたら、最高のお店だろうな〜って思いました。
だって2玉でも同じ値段ですよ! ちなみに生醤油うどんは550円。一玉でも高くは感じない量でしたよ〜。
 
かやくご飯のついたセットは750円。かやくごはんも美味しそうでした。
かやくご飯はいなりずしに変えることも出来るようです。

うどん2玉にして、ご飯もついてたら、男性でも絶対満足できる量だと思いました。

とにかく量が多いし、麺も美味しいし、流行る理由も納得できるお店でした。

 TEL 06-6244-3158
 住所 大阪市中央区南本町2丁目5-4

 食べログより 憩家の紹介 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 11:13 / comments(0) / -
・大阪・天王寺 無我茶館で超満足なランチ!
JUGEMテーマ:グルメ


久々にツボにはまるお店に出会いました。
値段といい、料理の内容といい、お店の雰囲気といい、コストパフォーマンスといい、申し分なしです。

こちら無我茶館さんは、来年から中国茶の講座を受けることを検討していお店です。
ですから、ランチを食べるのが目的と言うよりも、どちらかと言うと、教室の下見みたいな感じで、友達を誘って行ったお店です。

しかし、こちらのランチの充実ぶりには正直、驚きました。もともと特に期待をして行ったわけでもなかったんで、余計にです。

お昼のランチは1000円。おかずが数品と中国茶がきちんと付いてきます。

私たちが行った日のおかずは、トッポギ(韓国のお餅)の野菜炒めと、鶏のから揚げカレー塩添え、タコと青菜のおひたしでした。



これらが、各品それぞれ結構ボリュームがあって、野菜もたっぷりで味も美味しい!
友達も出来たて熱々の鶏のから揚げを食べて、「これは友達が作ってくれる私が好きなから揚げに味が似ている〜」と大満足な様子。
このから揚げにカレー塩もつけて食べると、これまた美味しいの。

 

これらに、熱々の出来たて白ご飯が付いてきます。私はご飯食いなんで、おかわりして(無料でした)2杯も食べましたよ。

これらのお料理だけでも量と味と共に満足なのに、さらに初めにサーブされる中国茶の本格ぶりには驚きました。

ランチでは6種類から選べるんですが、茶葉自体の見本を持ってきてくれて、どれが良いかまず選べるんです。




 (ランチ以外の普通に注文して飲める茶葉まで見せてくださいました〜。)

私は前から気になっていた人参烏龍茶を、友達は菊花茶を注文。

それぞれ、熱々の中国茶が飲めるよう、小さな急須とお湯を捨てる台がついた本格的な中国茶セット一式と、差し湯がアルコールランプで温める方式で出てきます。そしてお茶請けのレーズンが少々。



普通、これだけで、中国茶専門店なら、500円〜700円はしますよね?

1000円のお安いランチで、ここまで、本格的な中国茶が楽しめるとは、正直思っておりませんでした。

しかも人参茶が甘くて美味しいだけじゃなく、これは漢方薬か?ってぐらい冷え性のひどい私でも身体がポカポカするんです!

以前ネットで中国茶を探していたときに、人参烏龍茶を飲んだ人が冷え症に効くと言っていたんですが、本当にお茶を飲んだぐらいで、身体が温かくなんてなるんかい?って思っていましたが、このお茶は確かに効きました。

これまで高麗人参=苦いってイメージが強かったんですが、このお茶は全く苦味もなく、大変女性受けするようなお味でした。

しかも見た目がユニーク! どうみても、これ本当にお茶?って感じなんです。
茶葉に高麗人参パウダーを回りにまぶしているからなんでしょう。どう見ても、小石にしか見えないんです。初めはどこに茶葉があるんかい?ってな感じでしたが、どんどん飲んで行ったら、段々周りのパウダーが溶け出してきて、普通の茶葉になってました。

それをみて、あ、やっぱり茶葉だったんだ〜と思いました。

友達の菊花茶は、もろに菊の花の香り。これまた中々渋い感じのお茶でした。菊花は眼に良いんですよ〜。



すっかりランチの料理と中国茶に満足した私たち。

こんな料理がおいしいのなら、デザートも美味しいだろうと、ランチに+300円でつけられるデザートを注文。本日はかぼちゃのプリンなり〜。



プリンは甘さも控えめで、周りのコーンフレークがとってもサクサクで、美味しかった〜。優しい味わいでした。

本当、久しぶりに満足できるお店に出会いました。お料理も料理のプロが作っているだけあって、本当おいしかったですよ〜。

しかも中国人の店主さんが、お若くて、優しそうな可愛い人で、お店の雰囲気も良いし、すっかり気に入ってしまいました〜。



でもちょっと奈良から行くのは、遠いんだよね・・・。

 無我茶館 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 11:02 / comments(0) / -
・C's Garden Cafe 心斎橋AVEDA店で薬膳菓子
JUGEMテーマ:グルメ

昨日、友達と大阪へランチに出かけました。

ランチを食べた後に、ネットで検索して行きたくなったお店、C's Garden Cafeの心斎橋AVEDA店に行ってきました。

場所は心斎橋駅8番出口から出て、日航ホテルの裏側付近。そんな離れた場所にないので、比較的すぐに場所はわかりました。

が、しかし・・・。
もっとちゃんとしたカフェを勝手にイメージして行ったんですが、どっちかっていうと、化粧品とかエステとかしているスペースの本当一角にある、カウンターみたいなお店で、正直がっかり。



席数も少なくて、テーブル席が8席、カウンター席が5席ぐらいで、どこもゆっくり寛げる感じの席じゃないです。

とりあえずテーブル席も空いていたんですが、テーブルがやたら小さくて、落ち着けそうになかったんで、カウンター席へ。

早速薬膳菓子セットを注文。薬膳菓子6品と飲み物で840円なり。

薬膳菓子は好きな種類のものを自分で選べます。
私は、「いちじくのタルト」
    「クコとマンゴーのタルト」
    「十二穀米タルト」
    「あんずのタルト」
    「紫芋のタルト」
    「ピスタチオとベリーのタルト」
    と、ドリンクは「たまねぎドリンク」を注文。



が、しかし、このドリンクが全ての過ちでした・・・・。

タルトはまあどれもまあそれなりに美味しいんです。3センチ×4センチぐらいのものが少量づつ食べられます。

しかし、たまねぎドリンクが・・・。誰かのブログを見て、たまねぎドリンクが割りと美味しかったと書いてあったんで頼んでみましたが。。。

結論的に言うと、かな〜りまずかったです。とっても微妙〜な味でした。

しかもこのお店、身体に良いを売りにしている割には、ドリンクに関しては徹底してない感じが・・・。
ルイボスティーも思いっきり香料添加してるし、たまねぎドリンクも酸味料だの香料だの、沢山添加されていて、実に後味の悪い飲み物でした。
飲んだあと本当しばらく胸が気持ち悪かったです。だって、気持ち悪い臭いがするんですもの・・・。

こんなことなら、友達のように大人しくハーブティーにしておくべきでした。
友達の注文したミントティーは味も濃くて、何か漢方薬みたいな感じで、身体に良さそうでしたから。
たまねぎドリンクは身体に良いとか言われても、あれだけ色々添加物が入っているものは、身体に良いわけないでしょう。私の基準が厳しいだけかもしれませんが・・・。

大人しくカモミールティーかローズヒップティーにしておくべきでした・・・。
コーヒーが飲める方なら、有機コーヒー、ジュースなら他のリンゴジュースにしましょう。
 
とにかくたまねぎドリンクを注文して大失敗! こんなまずいジュースを商品化する人の気持ち正直「?」って感じです。味覚が理解できません。

やっぱたまねぎは大人しくオニオンスープとかにして飲むもんですね。

このお店の評価は、店が喫茶店としてきちんとしていないので、雰囲気がイマイチなのと、まずいたまねぎドリンクのおかげで、もう行くこともないでしょう。

ランチも、この心斎橋店ではサンドイッチしかないらしく、店員もひとりしかいないんです。日曜日だけがそうかもしれませんが、とりあえず私の感想は、ここであんまり食べたりするのはおすすめしません。

薬膳菓子は美味しかったんで、食べたければ購入するだけにしましょう。大丸でも販売しているそうですし、通販もしているようです。

ちなみに宝塚に本店があり、そちらのお店はきちんとした料理も食べれるみたいなんで、機会があればそちらのお店なら行ってみたい気もしますが、宝塚に行く用事なんてないからな〜。

 C's Gardenオフィシャルサイト
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 11:52 / comments(1) / -
・難波高島屋「糖朝」で夕食
JUGEMテーマ:グルメ


さて、「無茶空茶」でのランチに、どうも量的にも満足できなかった私は、難波まで引き返して、たまに訪れる「糖朝」に行きました。



「糖朝」は元々私が大好きな本「ミセス・デイジーの香港スイーツ」という本を書かれた方のプロデュースしたお店。
本店は勿論香港にあり、まだ「糖朝」が日本に出店されていないときには、香港の本店にどれだけ食べに行きたいと思ったことか・・・。

でも香港へはそんな行くことも出来ないんで、「ミセス・デイジーの香港スイーツ」のレシピを再現して、自分で豆腐花などを作って食べていました。
豆腐花の材料に使われる石膏粉なんて、普通の食材店で売ってないんで、わざわざ漢方薬局まで買いに行って。

でも、どうしても特殊な手に入りづらい材料が書かれてあったりするので、作りたくても作りづらい。こんなことなら、お店に食べにいけたらどんなに良いかと思っていました。

そのうち、東京の青山に「糖朝」がオープン。行きましたよ。私は。わざわざ東京まで。って、まあ東京に用事があったから行けたんですけど。

そしたら2、3年前に大阪にもオープン。それ以来、香港スイーツを食べたくなると、ふらりと訪れています。

でもこのお店に私が不満を抱いている点が。それは値段が高いってこと。
どうも何もかも高いんです。値段が。その割りに量も少ない。

今回は初めて夕食のセットを注文してみました。どうせ量は少ないんだろうな〜と思いながら。

確か1980円ぐらいで、白身魚のフライが少しと、サラダ、そして海老の炒め物、コーン粥、デザートに杏仁パフェです。お茶は勿論ポットで付いてきます。



全体的に味は悪くなく、作りたての熱々が食べれたのは嬉しいんですが、お粥ってのはやっぱりお腹が膨れません。炭水化物食いの私にとっては、とにかく量が足りません。

仕方がないので、このお店で私が好きな蒸しパン(420円)を注文。
蒸したて熱々の蒸しパンは、とっても美味しくて、ぺろりと食べてしまいました。



お茶も冷めてしまったので、店員さんに熱いお茶に変えてもらって。

量や価格に不満は多少あるものの、美味しい蒸しパンを食べたら、すっかり満足。
杏仁パフェもなかなか美味しかったし、料理も出来たてのものが多かったんで、それなりに満足して、昼のランチへの不満を夕食でリベンジしました。


     杏仁パフェ。マンゴーも勿論生マンゴー。缶詰じゃないよ〜。
      こちらはマンゴープリンが有名なんですが、高いんで、
      注文したことありません・・・。
 
でも、周りを見ると、私みたいにセットを注文する人はあんまりいなくて、みなさん単品で頼まれていました。でもお粥で800円以上するから、やっぱ値段高くないですか?ってメニューを見てしみじみ思いました。

ここの有名な海老の入った麺も、以前ランチセットで食べたことがあるんですが、どうも量が少なくて、満足できませんでした。

最近の日本の女性は小食になってるんでしょうか? 
私が単に大食い?なだけなんでしょうか?
 
どっちにしても、もう少し量を多くして、値段もお手頃にしてくれれば、味は悪くないからもっと頻繁に行くのにな、ってのが正直な感想です。

香港スイーツをもっとお手軽な値段で楽しめる店があったらな〜と思います。
でも、「香港スイーツ」って薬膳みたいな身体に良さそうなデザートが多いんで、値段が高くても、つい行ってしまうお店です。

でも、やっぱ支店じゃなくて、香港の本店に行ってみたいもんです。
きっと本店ならもっと量が多くて、安そうじゃないですか?
 
ちなみに関西では難波と大阪と京都にもあるみたいです。高島屋に入ってるみたいですね。あとは東京と名古屋にもあるようです。 

公式なHPがなようなので、行かれる地域にあるお店を検索してみて下さいね。
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 11:10 / comments(0) / -
・中国茶 無茶空茶でランチ
JUGEMテーマ:グルメ

最近、奈良や京都じゃなくて、なぜか大阪に出没しています。
何でかって? それは大阪に用事があることが多いからです。

先週の火曜日には、韓国で処方してもらった漢方を飲んで以来、すっかり漢方にはまっている?んで、、大阪の在日韓国人の方が営んでおられる漢方薬局へ行ったついでに、大阪の中国茶のお店へ。

ネットで「大阪 中国茶」で検索したら、出てきたのが、この「無茶空茶」てお店でした。それにしても中国茶のお店って本当あんまりないですよね〜。探すのに苦労します。

このお店は、HPのデザインが雰囲気があって気に入ったので、特に帰り道というわけでもないけど、頑張って探して行きましたよ。HPの地図もかなり大雑把だったんで道に迷いながら。



なんとか迷いながらも見つけて、お昼時でお腹も空いていたので、ランチセットを早速注文。
 
が、しかし、どうも通された席が良くなかった。
だって、席が板切れが細長い長方形になっているだけの席。
しかも、やたら、幅が狭くて、どうも落ち着かない。
その上、テーブルもガラスで、何だか、物を置くたびに「このテーブル割れるんじゃないか?」と不安になってしまうようなテーブル。

おしゃれなのは良いんですが、なんかゆったり出来なくて・・・。
普通、中国茶って言ったら、寛いだりリラックスするために来るんですから、本当にあの席は正直いただけない気がします。屋台で食べているんじゃないんだから・・・。

丁度、私の目の前に座っておられる方は、普通の木のテーブルと木の背もたれのある椅子に座られていて・・・。内心、そっちの席に変えてくれない?って心境でした。
 
さて、席の話は置いておいて(いやこれが実は心理的には大きいのかもしれませんが・・)、初めにお茶が茶葉ごとはいったガラスのティーカップとお茶請けが少しだけ出てきます。



茶葉ごと入っているので、かなり茶葉の渋みが出ていました。あんまり渋いお茶が好きではないんで、ちょっとイマイチ。
でもまあ、あんまりこういう茶葉を入れたままのお茶は飲んだことがなかったんで、「前に中国茶の本でこういうお茶の淹れかたもあるって載っていたな〜」って感じです。

次にサラダ。決して量は多くはありません。



それに白いご飯と、焼きうどん?みたいなもので950円。



う〜ん。微妙です。焼きうどんのようなものも、味はそんな悪くはないんですが、正直ちょっと塩辛い。
ただ、焼きうどんに山椒の実が丸ごと入っていて、それをプチプチ口の中でつぶしながら食べるのは、変わっていて、楽しかったです。

と、いいますか、実は家に山椒の実があって、それの調理法に困っていたので、こんな風に殻ごと炒めてしまえば良いのか、ってことがわかって、今後の料理の参考になりました。

しかしながら、総じて、こちらのお店もコストパフォーマンスが悪いです。
これで950円?ってのが正直な感想です。ご飯の量も多くないし(私は炭水化物食いなんで・・・)、うどんもそんな具沢山でもないし。

お茶にサラダにご飯に焼きうどんで950円。原価安すぎないか?って正直思いました。
 
これでデザートが少しでも出てくれれば良かったんでしょうが、これ以上は何も出ず・・・。なんだか、不満足でした。遠路はるばる?迷いながら来て、この内容かと。
しかもとにかく座りにくくて、居心地の悪い椅子。

店内全体はおしゃれな感じで、雰囲気は悪くないだけに、なんか残念でした。



その上、お店の内装じゃなくて、接客を含めた雰囲気がどうも、イメージしていたものと違い、その点も残念な感じでした。
私は勝手に中国茶のお店って個人でされている方が多いので、もっとアットホームな感じかと勝手に思って行ったんですが、アト・ホームな感じっていうより、業務的な感じっていうんでしょうか・・・。

いずれにせよ、HPを見て好感を持って訪れた割りに、あんまり私は好感をもてるお店ではありませんでした。もっとお茶のことを聞けたり出来るアトホームな雰囲気が欲しいものです。大体店員さんが皆奥まったところにいるんで、声をかける人もいなんですもの。

お金を支払うときに初めてわかったのですが、実は、店内の奥には茶葉が並べられていて、客席もありました。
私は入ってすぐの席に通されたんで、そんなスペースがあることすら全くわかりませんでした。どうも建物のつくりが悪い気がします。

多分このお店は、どこの席に座るか、あるいはランチを食べるのか中国茶を飲むかで、イメージもががらりと変わるお店かもしれません。
 
なぜなら、ランチを食べるときは、中国茶の詳しい話なんて聞けないけど、もしお茶を頼んでいたら、茶葉の詳しい話も聞けたかもしれないし、そこで店員の人とも色々話が聞けたかもしれないからです。

しかしながら、今回、私がランチだけを食べた限りでは、総じて、このお店を良いと思う点はあまりありませんでした。

しかしながら、あくまで、私が自分が注文したランチを食べた限りでの印象でしかありませんので、気になられる方は、訪問なさってみてください。



 無茶空茶
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 00:07 / comments(0) / -
・チョコラティエ パレ ド オール
JUGEMテーマ:グルメ

久しぶりに大阪へ遊びに行きました。

いつも難波どまりの私ですが、今回は、環状線で大阪まで。
実は大阪に用事があって、ついでに行っただけなんですけど。

あんまり行くこともないんで、せっかくだから、友達とハービスPLAZA ENTでぶらぶら。実は小腹が減っていた私ですが、友達がお腹が空いていないと言うので、友達おすすめのチョコレート専門店へ。

行った先は、ハービスPLAZA ENT4階にある「CHOCOLATEIR PALET D’OR」です。



何でも彼女は、何度も来ているとか。そうです。友達はかなりの甘いもの好き。

普段はあんまりチョコレートを食べない私ですが、何だか最近は急に寒くなったからか、チョコレートが食べてみたい気分だったんです。
 本当は、同じ建物にある、オイスターバーに小腹が減っているから行きたかったんですが、お腹が空いていない友達を連れて行ような強引なことも出来ず。

高級チョコってのもちょっと興味があったんで、こちらのお店に入りました。

が、しかし。友達の話では、ドリンクとチョコのセットで1500円のはず。

でも、店内でメニューを見た私は、驚きましたよ。
だって、1500円なんて何処に書いてない。
一番安いのでも1680円ぐらい。
 
普通に紅茶とチョコレート3個で、なんと1785円。
 高い。高すぎです。

つまり、ここは、紅茶で1155円ぐらいするんです・・・。

どひゃー!と思いながら、しかし、美味しい紅茶なら、それでも良いかと、友達とダージリンとチョコレート3個のセットを頼みました。

が、しかし、紅茶の不味いこと。
多分バイトの紅茶に詳しくもない人が、淹れているからなんんでしょうか? 
紅茶の渋みが出ていて、とても飲めたもんじゃありません。

いくら、ポットサービスで量は多いと言っても、やっぱ紅茶だけで1155円はどう考えても、高いしょ。しかもその上、美味しくないと来た。

あんまり渋くて美味しくないから、ミルク(きちんとした牛乳でした)を持ってきてもらって、淹れて飲んだら、少しはマシでした。

紅茶にもともと、私はちとうるさいので、本当に、ここの紅茶には値段とのあまりに不釣合いにがっくり落胆させられました。

でもチョコレートは結構美味しいんです。まあ一粒2、300円以上もするんですから、美味しくなくても困りますけど。

とにかく、有名なチョコレート店かなんか知りませんが、ドリンクの値段が高すぎるのは、多分みんな一様に不満なお店じゃないでしょうか。

紅茶も1155円だし、ぶどうジュースも同じ値段です。まだシャンパンとかでその値段の方が、許せますね。

友達は以前、ワインとチョコを会社帰りに楽しんで、大人の気分だったって言ってました。確かに、アルコールとチョコを楽しむなら、まだ値段的に許せるかも、って気がします。

とりあえず、私のおすすめは、大人しく、チョコレートだけを頼むか、チョコをお持ち帰りするか、ですね。



私は喫茶店でも平気でケーキだけ食べる人ですから。美味しくない紅茶に何百円も払いたくはありません。あまりに日本の喫茶店は、紅茶が美味しくなさすぎます。安いティーパックのお茶か?ってお店が多くて、お金を支払うのも、アホらしいです。

実はコーヒーやぶどうジュースは美味しいのかもしれません。しかし、紅茶は本当におすすめしません。しかも値段がドリンク類が平均的に高すぎます。

いくら、梅田という立地条件を考えても、高すぎるでしょう。
同じ建物にあるお店で、私が行きかたっかオイスターバーなんて、スープ、カキフライ、サラダ、前菜盛り合わせ、デザートまでついて1500円ですよ。

こんなことなら、嫌がる?友達を説得してでも、オイスターバーの1500円ランチを食べるんでした。

でもとりあえず、高級チョコがどんなものかわかっただけでも、良しとします。
だって、一粒2、300円とかするチョコレートなんて、絶対、こういう機会でもないと、私は食べないような気がしますから・・・。

チョコレートの写真は、あまりの紅茶の不味さに、レポート意欲を喪失して、撮ってませんので、下のHPを御覧下さい。
チョコレートは別に美味しいんで、試してみても良いと思います。
ドリンクがただ値段が高いだけです。お店の雰囲気も高級感があって、悪くないです。

 チョコラティエ パレ ド オール 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 13:47 / comments(0) / -