Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・有馬温泉行きたいな〜
JUGEMテーマ:旅行

こんな寒い日が続くと温泉が恋しくなりますね〜。
最近、実に温泉に行きたい気分です。
関西人のくせに、全国的に有名な有馬温泉に行ったことがないんで、とっても有馬温泉に行きたい気分です〜!

つい先日も「ルソンの壷」とかいうNHKのテレビ番組で、高級で泊まりにくいイメージのあった有馬温泉で「湯どまり」と言う、温泉に入れて食事が付かないプランが4500円ととても手軽な値段からあって、いまこれが若者に好評だと放送されてました。
 
この湯どまりプランのお宿が対象かどうかはわかりませんが、いま阪急交通社で、3月31日まで新春キャンペーンで5000円以上の宿泊予約(ツアーは除く)をして実際に宿泊すると、抽選で24名にアクオスや任天堂wii等が当たる、なんてお得な企画をしてることを発見。

阪急交通社といえば、昨年8月の信州ツアー(このブログでも宿泊編で紹介してます)でお世話になりました。1泊2日26000円ぐらいで、良いお宿にも宿泊できて、友達にも喜んでもらえた充実したツアーでした。
  
有馬温泉にキャンペーン期間中に友達でも誘って行ってみようかな〜?
誰か一緒に有馬へGO〜!!


 抽選で豪華商品が総勢24名様に当たる
 【2008新春ご宿泊キャンペーン 旅上手】
 
Posted by chappy
宿泊編 / 23:36 / comments(0) / -
・神戸ルミナリエと北野ホテル「世界一の朝食」
JUGEMテーマ:旅行

もうすぐクリスマスのイルミネーションの美しい季節ですね〜。関西で12月の恒例のイルミネーションいえば、神戸のルミナリエです。
昨年、母の誕生日に、以前から一度訪れてみたかった、その神戸のルミナリエとセットで神戸北野ホテルにも宿泊しました。北野ホテルも、「世界一の朝食」で有名ですよね。

お昼から神戸に行った私達は、ランチは、神戸で有名な「武蔵」とかいうトンカツ店で食べました。何でも母が、韓国から日本に来てまだ間もない頃、食べに連れて行ってもらったとんかつ屋さんで、当時ものすごく美味しく感じたそうです。

その思い出の味をまた食べたいと言うので、一生懸命、手がかりとなる情報がほとんどない中で、ネットを検索。そうすると震災後、場所は移転していましたが、見つけました。「武蔵」。

場所は、神戸の南京町の近くにある有名な精肉屋(コロッケが美味しいらしく、いつも行列してます)の2階。あんまり目立たない場所なんで、敢えて探して行く人でないと、発見できそうにないお店です。

母は思い出のヒレカツ定食を、私はここのもうひとつの看板メニューであるエビ椎茸フライ定食を注文しました。

どっちも美味しいけど、私は、自分の注文したエビ椎茸フライの方が美味しく感じました。エビも椎茸もなんか美味しかったんですよね〜。ちなみにこちらのお店、付け合せのキャベツも千切りではなく、ざく切りで出てきます。やや食べにくい人もいるかもしれませんが、その方が、私は、栄養素も流出しなさそうだし、水に晒しすぎて味の抜けた千切りキャベツを食べるより良いと思いました。

 南京町をぶらぶらしたり、美術展を見に行ってから、宿泊する神戸北野ホテルへ。お昼や間食を食べてお腹が膨れてましたが、母の誕生日だから特別にケーキを注文して作ってもらっていました。



内緒にして驚かせようと思っていたので、部屋に何の前触れもなくケーキが登場したときには、さすがに母も感動しているようでした。

しかも、そのケーキがかなり絶品! 普段はイチゴのショートケーキとかスポンジ系のケーキを決して注文して食べたりしない私も、このケーキは本当に感動的に美味しかったですね。

何が感動って、作り立てを持ってきてくれているからなんでしょうか? 
まず、生クリームが本当牛乳の味そのもので、口の中に入れたらすぐに溶けて、まるで濃厚なミルクを飲んでいるような味なんです。

しかもスポンジも口の中に入れた途端、ふわっととろけてなくなってしまう。
まるでミルク味のふわふわの淡雪を食べているような感じ、とでも言うんでしょうか?

お昼や間食でお腹膨れていたにも拘わらず、あまりの美味しさに、夢中になってふたりで小さいサイズとはいえ、1ホール食べましたよ。本当。

食べ物にうるさい母も、「これは、私が昔食べて、もう一度食べたいと思っていたケーキの味!」と感動してました。


                北野ホテルのロビーの風景

良かったね。かあちゃん。昼のとんかつと言い、ケーキといい、また食べたいと思っていた味が2回も食べられて。思わず、「何て親孝行なんでしょ、私って」って思っちゃいましたよ。

ちなみにこのケーキ、調べたら、北野ホテル系列のレストラン「イグレックプリュス」(http://www.igrekplus.jp/)で1ホール確か2300円ぐらいで販売されています。もっとも、ホテルで食べたような作り立ての味と同じかどうかは、わかりませんが・・・。


              ロビーにあったクリスマスツリー

さてさて、ケーキもたらふく食べて、休憩で爆眠? 
夜を待って、いよいよ本日のメインイベント、ルミナリエへ! 
 
12月20日前後に行きましたので、やはりルミナリエはかな〜り人が多かったです!
交通規制のため、ルミナリエ会場は直進したら、すぐなのに、くねくね無駄な距離を蛇行して歩かされ、永遠と続く人の波にもまれながら、到着するまで30分から1時間近くかかりました。やっぱ寒い時期だったんで、それがきつかったですね。



でも会場に到着したら、それまでの苦労も忘れるぐらい、ルミナリエは本当美しいものでした! 厳かな教会で流れてそうな音楽が、より、ルミナリエの雰囲気を盛り上げ、美しく見せてくれます。



本当に綺麗なので、ルミナリエは人波を覚悟できるのであれば、一度は見に行った方が良いものだと思います。

神戸のまち自体も、イルミネーションで彩られて、綺麗でしたよ。



やっぱ神戸は、町並みや建物自体が、どこかおしゃれですよね。
食べ物にもルミナリエにも、母もすっかり満足した様子でした。

さてさて、翌日。こちらもメインの行事でございます。
そうです。あの有名な神戸北野ホテルの「世界一の朝食」です。

期待で胸膨らませながら席に着き、色々運ばれてくるのを待ちました。
まず朝焼いたばかりのパンがひとり5、6種類ぐらい籠にたんまり盛られています。
そしてパンに塗るジャムの種類も4、5種類ぐらい。

更に注文して飲めるフレッシュジュースも5〜7種類ぐらいでしょうか。
欲張りな母は結局ジュース全種類、しかも私の分も注文してしまいました。
おいおい、そんなに飲めるんかいな、おっかさん、状態です。
でもこのジュース、グラスがひとつひとつ小さいので大丈夫です。
もともとあまり水分を取らない私には、全種類飲むのは、きつかったから母にあげましたけど。

野菜とフルーツの取り合わせがどれも美味しかったですね。とりわけて、美味しいジュースがあったんですけど、1年も前のことで忘れちゃいました〜。

パンもジャムもジュースも美味しかったんですが、敢えて言うなら、甘味のものばかりで、もっと塩気のあるものが、食事のバランスてしては必要だと思いました。
だって塩気のあるものと言ったら、せいぜい、ゆで卵と一切れのハムぐらいなんです。

それ以外は、本当甘いものばかり。まあ甘いジュースを全種類注文してしまった、私達も悪いんでしょうけど・・・。仕方がないから、塩気に出された岩塩を舐めてました。

私的には、これで「世界一の朝食」と言われてもな〜って言うのが、正直な感想です。

とにかく甘味に偏りすぎていて、食事のバランスは悪い気がしました。
多分、安く泊まれる楽天トラベルから予約した私も悪いんでしょうけど。
明らかに、塩気のあるハムが、隣のテーブルと比べて枚数が少なかったですから。うちは1枚だけなので、隣は2枚でてましたもの。

というわけで、ひとつひとつは美味しくても、食事はやはり全体のバランスが大切だよなあ〜と思いました。
おそらく甘味に苦手な男性だと、ほとんど何にも食べられないでしょう。勿論、甘味大好き人間にはたまらないメニューかもしれませんね・・・。
私は甘味の後には塩気のあるものを食べたい人なんで、どうも駄目でした。多分体質や好みの問題なんでしょうね。

私達は朝からでも食べるほうなんで、パンもほとんど食べましたが、周りのテーブルを見ると、ほとんどみなさんパンが減っていません。
いまの日本人はご飯離れしていると言いますが、パンすら食べないのは、どういうこと?って感じでした。みなさん朝から沢山は食べないものなんでしょうか?
  
朝食べない人には、「世界一の朝食」なんて、お金が無駄で、もったいないだけですね。でもこの朝食、何も宿泊しなくてもお金さえ払えば外から来ても食べられるんですよ。
パンも余ったら、全部包んでお持ち帰りできます。みなさんそうされていました。

とりあえず、「世界一の朝食」がどんなものかわかったので、私は満足です。
決してひとつひとつは味も悪くないですし。とにかくケーキが感動的に美味しかったんで、神戸北野ホテルに泊まって本当良かったです。このホテルに泊まらなければ、あのケーキには出会えなかったでしょう!

お部屋は、思ったよりは普通でした。でもお部屋にもよるでしょうね。もっと良い部屋に泊まれば違うのかもしれません。なんせ安いプランで泊まりましたから。バスルームは如何にも外国って感じの洋風なつくりで、とっても可愛かったですね〜。
部屋の窓からイスラムのモスクが見えるのも、異国情緒があって、良かったですよ〜。


 
というわけで、食事もホテルも満喫した神戸の旅でした。
今年ももうすぐルミナリエの季節がやってきます。神戸の思い出づくりに、北野ホテルとルミナリエのセットはおすすめですよ〜。
まだ予約が取れるかが問題ですが。平日なら大丈夫でしょう。
 
 神戸北野ホテル

手軽に自宅で北野ホテルの味を味わいたいのなら
イグレックプリュス
3150円以上で送料無料らしいので、神戸まで買いに行くより、お得です。
生ケーキも種類は限られていますが、販売されてますよ。
Posted by chappy
宿泊編 / 11:10 / comments(0) / -
・念願の信州・上高地へ
JUGEMテーマ:旅行

 8月下旬に、信州に行ってきました。
 数年前から、夏になると信州へ行きたくなるのですが、何分遠いもので、中々実行に移せませんでしたが、夏の思い出づくりにと、気心のしれた女友達とふたりでいきました。

 全部フリーで行くと自分で色々調べたりするのも面倒だし、お金も掛かるんで、ここはお得にパックツアーで行ってきました。多分高校以来、旅行といえばツアーで行った試しはないんで、おそらくこんな団体旅行は修学旅行以来です。

 1泊2日の予定で、初日は新大阪から金沢駅までJRで移動。禁煙車が指定できないのが、悲しきパックツアーの定め。もっとお金出せば指定できるプランもあるんでしょうが、なにせ26800円。贅沢は言ってられません。タバコの煙に耐えつつ2時間半。
無事に金沢に到着。
 そこからからはひたすらガイドさんが付いている観光バスで白川郷まで移動。
 当日は朝家を出るときは、雷は鳴るわ雨はザーザーで、天気は大丈夫か?と心配はしておりましたが、さすが、そこは日ごろの行いが良いのか?まさに晴天!でした。

 白川郷では、私達の参加したツアーは、何でも阪急交通社の信州ツアーの中でもとりわけゆったりしたツアーを選んで行ったので、2時間ゆっくりと散策できました。

 昔は白川郷は秘境で観光なんて出来ない場所だったらしいですが、いまは道路の開発も進み、すっかり観光地化してました。



 古い瓦葺の家が並び、道路の脇には美しい水の流れる用水路が。そこで鯉も涼しそうに泳いでます。川の水もエメラルドグリーンで、とても水の美しい所、という印象を持ちました。



 続いて、またバスで移動して、今度は高山へ。高山でも2時間の散策時間がありましたので、高山名物のみたらし団子を食べたり、古い町並みを歩いてみたり。なかなか奈良や京都とはまた違う風情が漂い素敵なところでした。

 バスガイドさんがあんまりすすめるので、みたらし団子を食べたんですが、関西のみたらしとは違って、醤油のアマダレが付いていなくて、なんだかやきもろこしみたいな味でした。多分お店にもよるんでしょうが・・・。それはそれであっさりして美味しかったです。



 高山散策のあとは飛騨牛の夕食を食べてお宿へ。夕食はやっぱり、安いパックツアーの宿命。飛騨牛が硬くて噛み切れなくて困りました・・。我慢。我慢。
 宿はホテルアソシア高山リゾートです。ここはお風呂から穂高の山並みが見えると言うので、期待していたんですが、残念ながら、夜は当然見えないし、次の日の朝も朝だけ曇っていて、まったく見えず・・。悲しい・・・。
 一応お風呂も温泉らしいですが、塩素くさくて、泉質はイマイチでした。でも施設は結充実していて、リゾートホテルらしく、風呂の近くにゆったり休めるところがあったり、足湯もあったり。でも、もう少し温泉気分を味わいたかったかな〜。
 しかしパックツアーの割には良いホテルに泊まれて満足しました。

 翌日、朝はやや曇っていましたが、どんどん天気は晴れて行く、まさにピーカン晴れです。いよいよ今日は念願の上高地!と心も躍ります。しかもこんなに天気も良ければ尚更期待が膨れます。

 上高地では、大正池でおろしてもらい、それから自然散策路を歩いて、有名な河童橋まで。時間は3時間あるので、他のツアー客のみなさんがどんどん先に行かれるのを尻目に、いきなり大正池で私達はボートを漕いで喜んでました。





 それから自然散策路を北上して河童橋を目指したんですが、途中、お弁当を食べるために川辺で休憩したんです。そのとき、大変な思いをしました。



 だって、上高地、すっかり人間に餌付けされてしまった鴨が、弁当を狙って襲撃してくるんです。うかうか弁当もゆっくり食べてられません。でも大きい大人の鴨はさすがに、そんなことしてきません。小さい可愛い小鴨に限って、襲撃してくるんです。


     これは大正池にいた小鴨。襲撃?してきた鴨とは違います。
        見た目はとっても可愛いんですけどね・・・。
 
 ずーっと無視してるのに、結局食べ終わるころまで餌を狙って私の周りをうろついてました・・。あー疲れた。

 弁当食べたら、時間もだんだん余裕がなくなってきたんで、河童橋目指して急ぎます。本当は途中にある上高地帝国ホテルも寄って見たかったんですが、さすがに時間がないのであきらめました。

 でも途中から美しい川が見えてきて、そのあまりの美しさに感動。まず色からして澄んでいて、エメラルドグリーンで美しい。さすが上高地、と感心。

 やはり河童橋は上高地で一番の観光名所だからか、すごい人でごった返しており、あまりゆっくりできる感じじゃなかったですが、橋の上から美しい景色を眺めて大満足。


               河童橋からの眺め
 
 河童橋の近くにある駐車場の集合場所で待ってるときは、その辺で売ってるソフトクリームを食べましたが、これがめちゃ味が濃厚で、美味しくて驚きました!

 景色も綺麗だし、アイスも美味しいし、上高地、最高です!

 その後はオプションで奥飛騨温泉に入り、ここは昨日のホテルの風呂と違って本当の温泉で、しかも穂高の山が綺麗に見えて、とても満足でした。

 帰りはまた金沢駅に行ったんですが、金沢駅ではおいしいスイーツのお店を発見。中華デザート専門店、みたいな感じのお店で、マンゴープリンが砂糖不使用なのに、甘くて美味しい。私達は杏仁豆腐とマンゴープリンが半分づつ付いてくるのを注文。結構量があるのに、390円で安! 多分、金沢駅では一箇所しかないと思うので、わかると思います。

 ツアーで付いてた食事はいまいちだったけど、スイーツに関してはどれも当たりでした。とにかく天気にも恵まれ、信州を満喫した2日でした。
Posted by chappy
宿泊編 / 09:34 / comments(2) / -
・是非一度行ってみたいホテル ヴィラ サントリーニ
JUGEMテーマ:旅行

 ある雑誌でエーゲ海特集をしていて、写真には白い家々の町並みに美しい紺碧の海。
 こんな美しい場所に一生に一度で良いから行ってみたい〜と思っていたら、何と高知県にエーゲ海リゾートホテルをうたうホテルを発見。なんたる偶然。

 高知県の南端にあるヴィラサントリーニは、エーゲ海に浮かぶギリシャの島サントリーに島にほれ込んだ方達が、日本でもエーゲ海の雰囲気を楽しんでもらおうと、2005年8月1日から始められたホテルだそうです。サントリーニ島は、ミコノス島と並んで、とても人気のある観光地だそうです。


         サントリーニ島の風景
 
 このホテルに行きたいと思ってからネットで色々調べたら、めちゃ評価高くて驚きました。楽天トラベルでは、驚くべきことに口コミ評価は全て最高の5つ★ばかりです。

 ますます行きたくなってきたヴィラサントリーニ。客室は、サントリーニ島の伝統的な建築様式、カナベススタイルだそうです、良くはわかりませんが、白い建物で洞窟みたいな感じってことでしょうか?



 建物もロケーションも良いらしいこのホテルで一度で良いから異国情緒を味わってみたいものです。

 そのうち絶対行ってやる〜。
でもどうも行くのが高知って奈良からだと微妙な距離なんです。飛行機で行くほど遠くもなく、さりとて、電車で行くと4、5時間かかるし、さらに高知駅から車で1時間もかかる場所にサントリーニさんはあるそうで・・・。

 もっと行きやすい場所なら、良かったのに〜。ちなみに、このホテル夏休みシーズンとかは何ヶ月も前から予約しないととれないそうなんで、気をつけて下さい。

 ホテル ヴィラサントリーニ 
Posted by chappy
宿泊編 / 10:36 / comments(0) / -
小豆島 「真里」 癒しの温泉宿
 ある日久しぶりに温泉にでも行きたいので、何処のお宿が良いか探すべくネットで調べていると、ヒットしたのが、ここ小豆島「真里」。



 何かのアンケートで泊まりたい宿ベスト2に選ばれていました。

 小豆島といえば、壺井栄さんの「二十四の瞳」舞台にもなった場所。オリーブでも有名です。前から一度行ってみたかったので、行って来ました。

 奈良から小豆島までは結構遠かったですね〜。近鉄、JR、バス、フェリー、またバス、ってな感じで移動に半日費やしました。

 初めて行った小豆島は残念ながらあいにくの小雨の天気で、テンションはやや下がり気味。。
 しかも私を除いて家族はみんな乗り物に弱くて、小豆島について宿までバスに乗ったのは良いんですが、やたら道がくねくねしているので、すっかり酔ってしまった様子で不機嫌です。ふたりとも宿に着くまでで乗り物でかなり疲れてしまったようです。

 でもお宿にようやく到着して部屋に通されると疲れも吹き飛ぶ素敵さ。いつもは旅行に行くのが面倒で来たがらない兄も、「こんな感じの良い部屋は初めて泊まった」と言うくらい。
 何が素敵って、まず醤油蔵を改築して建てたお宿なので、天井がやたら高いんです。
玄関から部屋の隅まで可愛いお花が色々飾られていたり、しかも2階に上がる階段まで付いていて、上に上がると、そこには素敵な部屋風呂までついています。

 窓から見える景色も綺麗で、お部屋も素敵だし、母も兄も大満足の様子です。


            真里へ着くまでの風景
 
 到着したら、お茶とお菓子を出してくれるんですが、それが揚げたてほかほかのおせんべいを持ってきてくれるんですよ。これにはちょっと感激。

 お部屋の冷蔵庫にはハーブ水も無料で飲めるようになっていて、大満足です。

 夕食まで時間もあるので、とりあえず、館内をグルグル探検。全体的にこじんまりしアト・ホームなお宿です。


 
 お風呂は露天も付いていて、男子風呂と女子風呂が日ごと入れ替わるのでどちらも楽しめます。ただ、温泉重視の人にすると、もしかしたら規模がかなり小さいのでやや不満かもしれません。私的にはこじんまりして雰囲気も良くてあれはあれで良かったです。
 
 さてさて、お待ちかねの夕食です。お食事は評判通りかなり美味しかったです!
 お刺身から焼き魚、うどん、醤油に至るまで地元のものばかりなんですが、そのどれもが新鮮で、大満足でした。
 海の無い奈良に住んでいると刺身なんて新鮮なものがなかなか食べられないんですが、貝も歯ごたえあるし、海老も大きくて、ぷりぷり。うどんもしこしこ。
 う〜ん。大満足。最後に醤油アイスも出てきて、これがまた美味。甘ったるいだけのアイスと違って適度な醤油の塩加減が実に絶妙でとても食べやすい。
 アイスなんていらん、とか言ってた母も一口食べたら、「おいしいわ〜」と全部平らげておりました。

 

 しかも、食後には素敵なピアノ演奏まで聞けるんです。おいしい食事の後にピアノまで聴けるなんて本当大満足。



 しかし!それだけではないんです。なんと囲炉裏で果実酒や果実ジュースも飲み放題なんです。時間はたしか11時までとか決まってますが、そこで見知らぬ人たちとも酒を飲みながらわいわいとおしゃべり。とっても楽しい時間でした。



 部屋は冬に行ったので暖房がかなり効いていて、なんか暑くて寝苦しかったですが、翌朝、露天で鶯の綺麗な鳴き声を聞きながらの風呂は最高でした。
 そして風呂上りに、これもサービスで朝に部屋まで届けてくれる牛乳やフルーツ牛乳をのんですっきりです。
 
 朝食を済ませた後は、宿で貸していただける自転車(無料です)で近辺をうろうろ。醤油蔵やオリーブの木を眺めたり、早咲きの桜をみたり。
 たまたま出会った、親切な醤油蔵をもっているおじさんが周辺を案内して下さり、醤油蔵の中まで見せてもらいました。
 厚かましいことに、おじさんの家にあったひょうたんをうちの母がおねだりしてもらってました。。おじさん、本当にどうもありがとうございました。


 オンマの背中とオリーブ畑。おじさんちで売っているオリーブオイルも安く購入出来ました。小豆島、人が温かいですね。



 本当、日本は観光のし甲斐のあるところです。
 韓国から嫁いで30年以上になる母も日本は本当美しいところが沢山ある国だといつもいってますが、私も本当そう思っ楽しいた旅行でありました。

 http://www.mari.co.jp/index02.shtml
 
Posted by chappy
宿泊編 / 09:10 / comments(0) / -