Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ピザリア・ニューエイジ | main | ヴィラージュ川端、川端朔太郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・甘味処天引 伝説の「海のクリームあんみつ」!
JUGEMテーマ:グルメ



ここはもともと、若き陶芸家を目指す人々がしている陶芸ショップの系列店。

その陶芸ショップのすぐ近くに、自分たちが作った器を見てもらいたいという思いからか?甘味処を開いているんです。

この甘味処ちょっと半端じゃないこだわりよう。
京都で多分、一番材料にこだわったあんみつだと断言できると思います。

その伝説の味を求めて一路、友達と京都は北山まで。地下鉄出口のすぐ真正面なので、場所は結構わかりやすかったです。ただしビルの地下にあるのでやや迷いました。看板を頼りに探して下さい。

さて、海のクリームあんみつを注文。一体どんなものが出てくるのか、すっごくどきどき。
これはまさに予想通りのあんみつでした。

まず寒天。3種類の寒天をブレンドし8時間煮詰めて作った寒天は、これまで食べたことない食感。しゃりしゃりというのか、とにかく食感が表現しようのない感じ。固いわけでは決してないんですが、歯ごたえがあり、未体験の食感です。
  
だいたい、色からして普通よくある寒天みたいな乳白色じゃあありません。
海草の色っていうのか、緑がかった色しているんです。おそらくこれが「海の」と形容詞が付く所以なんでしょう。

そして小豆や黒豆、白玉粉に至るまでどれも国産の素材を使用。そしてアイス。黒糖で作られた手作りアイスはとてもヘルシーでさっぱりしている。
 
寒天もお上品に切られたりしておらず、あくまで豪快で、まるでわらびもちのような見た目。量もたっぷり入っています。これに温かいお茶と柴漬け、手づくりっぽいチョコトリュフが付いて850円。


 
作る手間隙、使われている材料を考えれば、決して高い値段ではないと思われます。
しかも陶芸体験をした人は200円引きで食べられるそうです。
店内に陶芸が出来るスペースがあるんです。3個1050円で陶芸体験が出来てしまいます。

まさに一食、一見の価値のある超こだわりあんみつなのでした。

 甘味処天引
 京都市左京区下鴨前萩町5
 電話090−2178−0328
 京都市営地下鉄・烏丸線の北山駅の東端の京都コンサートホールへ向かう
 1番出口を出て真正面 
Posted by chappy
食べ歩き 京都編 / 09:49 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 09:49 / - / -
COMMENT