Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・C's Garden Cafe 心斎橋AVEDA店で薬膳菓子 | main | ・大阪・本町の美味しいおうどん 憩家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・大阪・天王寺 無我茶館で超満足なランチ!
JUGEMテーマ:グルメ


久々にツボにはまるお店に出会いました。
値段といい、料理の内容といい、お店の雰囲気といい、コストパフォーマンスといい、申し分なしです。

こちら無我茶館さんは、来年から中国茶の講座を受けることを検討していお店です。
ですから、ランチを食べるのが目的と言うよりも、どちらかと言うと、教室の下見みたいな感じで、友達を誘って行ったお店です。

しかし、こちらのランチの充実ぶりには正直、驚きました。もともと特に期待をして行ったわけでもなかったんで、余計にです。

お昼のランチは1000円。おかずが数品と中国茶がきちんと付いてきます。

私たちが行った日のおかずは、トッポギ(韓国のお餅)の野菜炒めと、鶏のから揚げカレー塩添え、タコと青菜のおひたしでした。



これらが、各品それぞれ結構ボリュームがあって、野菜もたっぷりで味も美味しい!
友達も出来たて熱々の鶏のから揚げを食べて、「これは友達が作ってくれる私が好きなから揚げに味が似ている〜」と大満足な様子。
このから揚げにカレー塩もつけて食べると、これまた美味しいの。

 

これらに、熱々の出来たて白ご飯が付いてきます。私はご飯食いなんで、おかわりして(無料でした)2杯も食べましたよ。

これらのお料理だけでも量と味と共に満足なのに、さらに初めにサーブされる中国茶の本格ぶりには驚きました。

ランチでは6種類から選べるんですが、茶葉自体の見本を持ってきてくれて、どれが良いかまず選べるんです。




 (ランチ以外の普通に注文して飲める茶葉まで見せてくださいました〜。)

私は前から気になっていた人参烏龍茶を、友達は菊花茶を注文。

それぞれ、熱々の中国茶が飲めるよう、小さな急須とお湯を捨てる台がついた本格的な中国茶セット一式と、差し湯がアルコールランプで温める方式で出てきます。そしてお茶請けのレーズンが少々。



普通、これだけで、中国茶専門店なら、500円〜700円はしますよね?

1000円のお安いランチで、ここまで、本格的な中国茶が楽しめるとは、正直思っておりませんでした。

しかも人参茶が甘くて美味しいだけじゃなく、これは漢方薬か?ってぐらい冷え性のひどい私でも身体がポカポカするんです!

以前ネットで中国茶を探していたときに、人参烏龍茶を飲んだ人が冷え症に効くと言っていたんですが、本当にお茶を飲んだぐらいで、身体が温かくなんてなるんかい?って思っていましたが、このお茶は確かに効きました。

これまで高麗人参=苦いってイメージが強かったんですが、このお茶は全く苦味もなく、大変女性受けするようなお味でした。

しかも見た目がユニーク! どうみても、これ本当にお茶?って感じなんです。
茶葉に高麗人参パウダーを回りにまぶしているからなんでしょう。どう見ても、小石にしか見えないんです。初めはどこに茶葉があるんかい?ってな感じでしたが、どんどん飲んで行ったら、段々周りのパウダーが溶け出してきて、普通の茶葉になってました。

それをみて、あ、やっぱり茶葉だったんだ〜と思いました。

友達の菊花茶は、もろに菊の花の香り。これまた中々渋い感じのお茶でした。菊花は眼に良いんですよ〜。



すっかりランチの料理と中国茶に満足した私たち。

こんな料理がおいしいのなら、デザートも美味しいだろうと、ランチに+300円でつけられるデザートを注文。本日はかぼちゃのプリンなり〜。



プリンは甘さも控えめで、周りのコーンフレークがとってもサクサクで、美味しかった〜。優しい味わいでした。

本当、久しぶりに満足できるお店に出会いました。お料理も料理のプロが作っているだけあって、本当おいしかったですよ〜。

しかも中国人の店主さんが、お若くて、優しそうな可愛い人で、お店の雰囲気も良いし、すっかり気に入ってしまいました〜。



でもちょっと奈良から行くのは、遠いんだよね・・・。

 無我茶館 
Posted by chappy
食べ歩き 大阪編 / 11:02 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 11:02 / - / -
COMMENT