Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・吉城園 | main | ・広隆寺 魅惑の弥勒菩薩を訪ねて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・龍安寺
JUGEMテーマ:旅行



昨年行った、京都の禅寺で有名な龍安寺。世界遺産にも登録されている名所だそうです。

ここで有名なのは石庭ですよね。
中庭の15個の石の置き方が大変美しいとされてます。
何でも「自然を狭い空間に圧縮し、抽象化して表現する枯山水庭園の極限的な姿であり、世界的にも有名」なんだそうです。
どうやらこの石の配置にも色々意味が昔はあったらしいのですが、龍安寺さんでも、もはや作成者の意図は不明、とのこと。
「鑑賞者の自由な解釈と連想」にゆだねしかないそうです。
なかなかイメージ力が問われますよね〜。



実はこの龍安寺。ちょっとした仕掛けが施された庭なんだそうです。
庭が広く感じられる様にと、写真の奥の方に行くに連れて塀が低くなっているんだそうです。
こんな細やかな計算までして設計されたお庭なんですね。

それにしても、そんな観光シーズンでもないのに、沢山人がいて、あんまりじっくりお庭を鑑賞することは出来ませんでした。
私的には、こういう哲学的な感じがするお庭は、静かにもっと時間を掛けて鑑賞するものだと思います。
しかしながら京都は観光客が多いので、奈良のように静かに心を静めてじっくり庭を眺める、なんてことは出来ないみたいです・・・。



私は、人が沢山いて落ちつかない石庭より、むしろ石庭の背後にあった「吾唯足るを知る」と刻まれた「つくばい」というものの方が心に刻まれました。

「吾唯足るを知る」、とても深い言葉です。
この言葉通りにみんながなれば、愚かしくて残酷な戦争も、環境破壊も、色んなイザコザも起こらず済むのにな、と考えさせられる言葉でした。

私たちが龍安寺を訪れたのは、昨年の2月だったんで、特にこれといって花も咲いておらず、やや寂しい感じを受けましたが、桜の季節に行くと、石庭でも桜が見られますし、園内にも桜が沢山ありそうな感じで、きっと春に行くと、もっと美しい場所だと思いますよ。

この春、龍安寺に一度行って見てはいかがでしょうか? 
 
 龍安寺 
 京都市右京区龍安寺御陵下町
Posted by chappy
ぶらり 京都編 / 11:06 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 11:06 / - / -
COMMENT