Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・北野天満宮 | main | ・奈良きたまち巡り  Ivory >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・奈良きたまち巡り 古書喫茶「ちちろ」
JUGEMテーマ:旅行



カンヌでグランプリをとった河瀬直美監督と、ゆかりのふか〜い古書喫茶「ちちろ」さん。なんでもこちらのお店のご主人が映画で主人公をしておられたとか。
以前から行って見たかったんですが、何となく行きそびれてました。

昨日は、小学校時代からの友達3人で奈良のきたまちをぶらり。そういえば、この辺に「ちちろ」があるはず、と探して行ってみました。

河瀬さんがグランプリとった後だし、めっちゃ込んでたりして〜と思って行きましたが、さすが、ローカル奈良。行った時は、客は私たちしかいません。

店内に入ると、古本屋の臭いが。。周りは一面本だらけ!
漫画から社会科学本まで、なにやら多種多様な本の数々。



ここは図書館か?という気分になりつつも(いや、確かに「ならまち文庫」言うからには同じようなもんですよね)、さっそくラムネを注文。1本150円なり。
こんな安いもの頼んで、ゆっくりさせてもらって、良いんだろうか?という気になりつつも、あつかましく寛ぐ私たち。

冷房も扇風機もなにもついてないのに、部屋の中を涼しい風が吹き抜ける。
まるでここだけ暑い外とは別世界。

中庭では金魚が涼しげにゆ〜らゆら。たまに「ジャブっ」としぶきを立ててジャンプもしてます。



田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たような、そんな寛げる空間。

私たちは本も見ずに、おしゃべりに興じていたけど、こんな所で1日ゆっくり本を読めたらなんて贅沢、と思える空間でした。


   一番下に写ってる木の飾りものは、河瀬監督の結婚を祝った物か?

あ、そうそう。もともと天然入ってる?(怒らないでね〜)友達が、ラムネのビー玉は何で入ってるかのについて、独自の?意見を語ってました。

それでそのあと、単純にビー玉が炭酸の蓋をしているだけだと思っていた私は、この友の疑問(いや独自の見解?)を受け、気になり、ネットで検索。

ラムネを作ってる会社のHPで答えを見つけました。それはこちら
 
何でも、サイダーは普通の栓なのに、ラムネがビー玉なのは製造方法の違いだとか。
他の飲料と比べて、その作り方ゆえに生産性も悪く、容器代も高いので、あまり儲からないラムネは、いまの時代には衰退の一途を辿っている商品だそうです。

実は、ラムネは「スロー」な飲みもんだったんですね〜。
スロ〜な「ちちろ」にスロ〜なラムネは、ぴったりでした。 

また今度ゆっくりしに行きたいお店です。
あ、ここお昼も食べられるみたいですが、してない時期もあるようで、今月一杯はランチはないような。。詳しくはHPで。


                 中庭とラムネ
 
 ならまち文庫.古書喫茶「ちちろ」
 営業時間 11:30〜18:00 
 定休日 月曜 他不定休 
 奈良市南半田西町18-2 
 電話 0742-27-3130    
Posted by chappy
ぶらり 奈良編 / 12:50 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 12:50 / - / -
COMMENT