Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・奈良・きたまち界隈 雑穀菜食のお店 はちみつ | main | ・久しぶりの飛鳥 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・京都・西陣界隈 うなぎのおぜき
JUGEMテーマ:グルメ



マガザン・デ・フレーズ本店に行ったさい、同じ千本通りで発見したこちらのお店。

マガザンでデザートを食べた後、ランチが食べられる場所を探していたら、そういえば来る途中においしそうな鰻の香りが漂っていたお店があったと、来た道を戻ってみると、相変わらず鰻の焼けるおいしそうな香りが・・・。

もうたまらず、ほかにお店もわからないんで、「ここに入ってしまえ」って感じで、店内に入りました。店内は路地のようになっていて、しばらくあるくと、ようやく座卓が。
 
ここのお店、店内に入ると、すごく良い感じです。いかにも町屋。いかにも京都。
ここは穴場か?と思いましたよ。本当。

私達以外は誰もいないお座敷で、庭の緑を満喫。静寂な空間。
ああ、日本の夏、って感じです。


 
暑い日だったにも関わらず、こちらではお絞りも暑いものを出してくれました。暑がりの人にとっては嫌かもしれませんが、私にとってはその点、好感度が高かったです。夏でも冷房で身体は冷えたりしてるからです。

お茶も熱いお茶を出して下さるのも嬉しかったです。夏に暑いお茶出してくれるお店ってあんまりないので、そういうところに心遣いを感じさせるお店でした。

定食は一種類しかなくて、1900円のもののみ。
出てくるまでしばらく時間はかかりますが、焼き立てを持ってきてくださるようです。

出てきた定食は、まず鰻がいかにも京都らしく?お上品に細く切られています。鰻丼でこんな細く切られている鰻もあまりみたことがありません。

国産の鰻を使用なさっているんでしょう。スーパーの中国産鰻なんかとは比較するのも悪いくらい、全く臭みがなく、あくまで上品なお味です。口当たりもふっくら。
しかも鰻のタレが甘ったるくない。私甘ったるいタレが嫌いです。タレがあんまり甘いとご飯まで甘くなるから嫌なんです。でも、こちらタレは本当程よい甘みです。


 
そしてうな肝入りのお吸い物。このうな肝がまた、ぷりぷりしていて、いかにも新鮮。やっぱスーパーのものとはまったく違います。そして味にも全く癖がない。

さらに出し巻き卵。これがまた私の嫌いな甘ったるい卵焼きと違って、すごく食べやすいお味。ニシン?の昆布巻きも付いてきます。漬物も。

ご飯が結構多かったので、その前にマガザンでデザートを食べていた私達はもう満腹。

でも、ここはそれだけじゃなかったんです。
最後に抹茶のアイスまで出てきます。
このとき、一体どれほど、マガザンでソフトクリームを既に食べてしまっていたことを後悔した事か・・・。
でもこの抹茶アイス、すっごく小さいくて可愛らしくて、量も多くなかったので、何とか食べれました。味も濃厚でした。



こちらのお店、入る前はなにげなく入ったんですが、思った以上にボリュームもあるし、何より店内に風情もあって、すっごく穴場です。
 
帰るときは、私達が浴衣を着ていたこともあり、観光楽しんでくださいって感じで、ご夫婦でとってもにこやかに送り出して下さって、ものすごく感じの良いお店でした。
 
また是非行きたいお店が増えました。

旅に出て、こうして思いがけず良いお店に出会えると、その日一日なんだか嬉しいですよね。そんな気分にさせてくれるお店でした。

 うなぎのおぜき
 京都府京都市上京区千本通上立売下る作庵町538  
 (マガザン・デ・フレーズから徒歩5分ほどの南に下ったところにあります。) 
 電話 075−461−2655
  
HPはないようです。しかし、こちらのお店を開店するに際し、古い町屋を改築するのに色々苦労なされたお話が載っていました。
 
 開業秘話

 地図はこちら 
Posted by chappy
食べ歩き 京都編 / 12:38 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 12:38 / - / -
COMMENT