Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・なら町 江戸川 | main | ・吉野葛 佐久良 再訪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・Lier 幡
JUGEMテーマ:グルメ



こちらは、京都の南部・木津にあるおしゃれなカフェ「Lier 幡」。
木津は京都にあるんですが、奈良市に近いため、いつも奈良とみなされてしまう地域です。
カテゴリは「食べ歩き京都」で分類されていますが、場所的には京都と奈良の境界付近なので、限りなく奈良県だと思ってください。

先日、木津にある友達の家に遊びに行ったとき、友達が連れて行ってくれました。

「Lier 幡」で使用されている食材のほとんどは、奈良県内で育てられ、収穫されたものです。有機・無農薬・無添加の食材でランチ・デザートを提供しているお店だそうです。

木津川近くの州見台という高台に位置し、まわりも自然に囲まれているため、見晴らしの良い景色を眺めながら、食事が頂けます。

ランチは980円と1350円ものがあり、どちらも数量限定なので、予約したほうが良いそうです。
ちなみに私達は、すでに980円のランチが売り切れていたので、1350円のランチを頂きました。メニューは旬のものを使用するので、3週間単位で変わります。

私達が食べたときは、メニューは、メインが
茶美豚(チャ−ミ−トン)の黒酢煮



おかずが、
 豆腐のサラダ
 奈良野菜の青菜とキノコのごまマヨあえ
 奈良野菜のなすときゅうりのお漬物
 幡特製 くるみじゃこ

これに大きなお椀で出てくる味噌汁と、奈良県産の無農薬白米と無農薬古代米のミックスご飯が出てきます。ちなみにご飯はおかわり出来るそうです。



お店の人に「チャーミートンの黒酢煮です」と言われても、何それ?って感じでしたが、どうやら調べてみると鹿児島のブランド豚みたいです。
何でも、お茶の成分「カテキン」と「さつまいも」が入った飼料を食べて育った豚が「茶美豚」というそうです。ビタミンEとか旨み成分のイノシン酸が普通の豚より多いんだとか。

出された黒酢煮は、よく煮込まれているのか、とってもお肉が柔らかくて、美味しかったです。
それ以外には、幡特製のくるみ入りのジャコが、じゃごがめっちゃ小さいのに美味しくて、帰りに買おうかと思ったら、めっさ高くて驚きました。
ご飯も程よい炊き加減で、お味噌汁も量が多くて、食べ応えありました。私はご飯が好きなので、勿論?おかわりしましたよ。
ほうじ茶も付いてくるのですが、香ばしくて美味しいお茶でした。
 
最後にデザートが少しでも付いてきてくれればありがたいのですが、デザートは残念ながら付いてきません。これで昼から1350円は、まあ結構良い値段はすると思います。
まあでもご飯もおかわり出来るし、良い素材を使ってるからそのお値段なのかと思います。

店内は天井がとても高くて、雰囲気は山小屋みたいな感じです。
窓の景色と開放的な店内の雰囲気は、なかなか郊外ではないと味わえない感じがしました。

ただし、ここは公共の交通機関では行けない場所にあるんで、車で行くしかありません。車を運転しないひとには辛いかも・・・。

店内では食事に出されていたおかずをはじめ、身体にやさしいお菓子など食べ物も販売されていますし、ここはもともと麻布を販売するお店らしく、麻の小物やバッグが沢山売っていました。ギャラリーと食事処を兼ねたお店、って感じでしょうか。

是非、天気の良い日に訪れて欲しいお店です。

 井上企画・幡
 京都府木津川市州見台5-22-1
 TEL.0774-71-0121 FAX .0774-71-0151
 営業時間/11:00〜18:00 定休日/毎週水曜日
Posted by chappy
食べ歩き 京都編 / 10:36 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 10:36 / - / -
COMMENT