Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・Lier 幡 | main | ・秋の飛鳥 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・吉野葛 佐久良 再訪
JUGEMテーマ:グルメ



前も紹介した「吉野葛 佐久良」さんですが、私が奈良市に行くとよく行く、お気に入りのお店です。

前回の「吉野葛 佐久良」の紹介記事では、自分の食べたものの写真や店内の雰囲気の写真がなかったので、今回、写りは携帯(自分の携帯持ってないんで母の)なので悪いんですが写真を撮ったので、もう一度紹介しておきます。
 
先日、奈良市に采女祭りを見に行ったとき、午後7時から猿沢池で祭りが始まるので、それまで時間つぶしも兼ねて、こちらのお邪魔しました。

何回も行っているので、お店の人も顔を覚えてくれているらしく、すんなりと奥の間に通してもらえました。采女祭りなど行事がある日にもかかわらず、その時間帯は私達しかいませんでした。

いつもは決まって葛きりを頼むのですが、あんまりいつも葛きりばかりなんで、今回は母は葛きり(840円)、私は値段も手頃な葛餅(630円)を注文してみました。

本当はお店の人が、最近夏のメニューとしておくようになった、冷やし葛しるこや、くず白雪(葛餅の上に白玉やアンコ、カキ氷がのっている)が今年はよく出た、と教えてくれたんですが、9月も下旬になるとあんまり冷たいものも食べたくないので、それら来年の楽しみにとっておくことに。



久しぶりにこちらの葛餅を食べましたが、いつものように作り立てで美味しかったです。でもやっぱしこしこした歯ざわりは葛きりかな〜。
葛餅は、どうも葛きり好きの私には、歯ごたえが物足りなく感じてしまいました。
結局母の葛きりを貰って食べてました。

でも本葛を使用しているので、味はどちらも美味しいんです。
食感の好みの問題ですかね。あと葛餅はやや砂糖で甘みが付いているし、きな粉も上から掛かっているので、純粋に葛の味を味わいたいならやはり黒蜜のみで食べる葛きりでしょうか。



改めて自分が無類の葛きり好きであることを確認したのでありました。
やっぱちょっと高くても今度からは葛きりにしーよおっと。

 吉野葛 佐久良
 奈良市高御門町2番地
 TEL 0742−26−3888
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 11:17 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 11:17 / - / -
COMMENT