Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

<< ・韓国滞在 3日目 風呂屋と市場と韓医者 | main | ・奈良県民、正倉院展に初めて行く! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・韓国から帰国する日 
JUGEMテーマ:旅行

さて、韓国から帰国する日のことです。

その前に、これまで書けてないことを少し。
ばあちゃん家に滞在していたとき、庭にはトウガラシをはじめ、少しだけど、食べれるものが栽培されていました。



写真はトウガラシなんですが、このトウガラシ、日本では実の部分しか食べませんよね。でも韓国では葉っぱもナムル(おひたし)にして食べるんです。
 
ばあちゃん家でも食卓に葉っぱのナムルが上っていました。
そんでもって、それは何もトウガラシの葉っぱに限りません。
食べれる葉っぱは何でも食卓に上ります。

ばあちゃん家では、川原栽培の小豆を分けてもらいましたが、その小豆も、豆の部分だけではなく、葉っぱも収穫して、乾燥させ保存して、ナムルにして食べるんです。
かぼちゃの葉っぱだって食べます。

日本では戦中や戦後、食糧難のときに餓死する人も多かったらしいですが、韓国の田舎育ちのうちの母に言わせると、日本人は食べれるものを知らなさ過ぎるから、そうなるってことだそうです。

朝鮮半島なんか、日本の植民地になってから、農地も時の日本の朝鮮総督府の政策で奪われて、食べるのに苦労しただろし、戦後も食糧難はあったけど、あんまり餓死する話は聞かなかったとか。それは自然に生えているものでも食べれるものを知っていたからなんでしょう。
 
確かに、市場に行っても、日本では売っていないような野菜や野草、葉っぱが沢山売っているんです。海印寺に行ったときも、その辺の草をとってるおばさんを見かけました。
韓国人にとっては、自然に生えている野草も、立派な食糧なんですね。

それも日本みたいに一部の人が野草を採って食べている、って感じじゃなくて、それはみんな普通にしていること、って印象を持ちました。
 
韓国人の食べ物の豊富な知識は、本当に見習うべきものがあります。

だって今スーパーで売っている野菜なんて、栄養もあるのか?農薬まみれじゃないのか?なんて心配ですけど、野草なら、汚染されているような変な所に生えているものでない限り、そういう心配もないし、自然に育っているものの方が、色んな栄養が含まれているとも言いますしね。

私は本国の韓国人は本当元気だな〜と韓国へ行くたび思うんですが、にんにくや野菜を沢山食べている以外に、野草も沢山食べているのも健康の秘訣じゃないかと改めて思いました。
とにかくスーパーでも市場でも野草も含めた野菜の種類が半端でなく多いです。

しかも日本のキャベツみたいな白い野菜じゃなくて、色の濃い野菜や香りの強い野菜や野草が豊富です。
そういう野菜や野草が常時食卓に5、6品はナムルなどとして並んでいるのですから、野菜不足、なんてこととは程遠い健康的な食生活を、韓国へ来たら、送れるよな〜と思いました。しかも値段が安いのに量も沢山あるのですから。

日本に帰ってきて、何が一番寂しかったかというと、とにかく野菜の種類の少なさです。

しかも野菜の味も、日本人が個性のある味をどんどん嫌うようになっているからか、個性のない、ただ水っぽいだけの味になっている。野菜自体の香りや旨みがなくて、美味しくない。
韓国旅行して来られた方が、うちの店に来られて、口々におしゃるのは、韓国の野菜は美味しいということ。
特に私はセリが大好きで、ばあちゃん家でも、外食したときも、ひとりでひたすらセリのナムルばっかり食べていました。日本ではセリは売ってるのもまれだし、売っていてもやたら高くて、買えませんからね〜。


さて、話を帰国の日の朝に戻しまして・・・。

飛行機が11時の便だったので、8時にはウェスンモに車で空港行きのバス乗り場ままで送ってもらいました。
そこから、車で1時間ぐらいの所に空港があるのですが、バスで行くはずが、結局タクシーで行くことに。タクシーで行ったら高くない?と思ったけど、ウェスンモと母が交渉して、2万ウォンで行けました。

しかし、初めは2万と言っていた運転手さんも、なぜか途中2万5千ウォンと言い出し、うちの母がそれならバスに乗るからと交渉した結果の2万ウォンでした。
まあでもこの運転手さんは良心的な感じの人で、タクシー乗っている間も、うちの母とふたりで色々話していましたが、ふたりで「世の中で一番悪いのは政治家と弁護士」と母が言うと、運転手さんは「病院もです」と、話が盛り上がっておりました。

私の韓国語能力は、会話の3分の1ぐらいは理解できるので、大体何の話をしているのかはわかるんですが、細かい部分まではわかりません。

私がおっちゃんの言ってる事で理解できたのは、どうやらおっちゃんが交通事故の現場を目撃してしまって、でも交通事故の当事者がどっかの政治家とか偉い人とつるんで、真実を消し去ろうとしてしまったという感じのことと、病院でも酷い目にあったらしい、ということでした。

おっちゃんがやたら「イ、ナップン、セッキヤ〜!(このクソ野郎!ってとこでしょうか)」と連呼していたので、一体病院や政治家がらみの連中になにされたんか?と思い、詳しいことを後で母に聞いたら、

交通事故→事故を目撃したので、本当のことを証言しようとしたら、都合が悪い事故を起こした当事者が政治家からみの人で、権力使って、証言をやめさせようとしてきた。だけど、そんなのにひるまず事実を証言。このため被害者にはとても感謝された。

病院→母親が病気になって入院して、手術するからと、そのための検査を何回もさせられて何ヶ月も入院させられた挙句、「いつ手術してくれるんだ?」と問い詰めたら、実はその病院ではできない手術で、結局他の病院に移ってすぐ手術してもらった話。はじめ無意味に何ヶ月も入院させられていた病院から料金を請求されたが、無視。いまだに請求書が届くが、無視している。

といった話だったそうです。
何かドラマに出てきそうな話しやな〜と思いながらも、そういう点では、日本も韓国も変わらんな〜と思っちゃいました。 
 
そんでもって無事に空港に到着。おっちゃん面白い?話をありがとう。

空港では、友達のためになんか韓国のお菓子でも買ってこう、とコンビニで買い物。オリオンのチョコパイ「情」なんて、何かめっちゃうけました! チョコパイのくせに「情」って名前かよ〜!みたいな。

味は日本のロッテのチョコパイより甘さ控えめで、しかも中はクリームじゃなくてマシュマロでしたよ。だから日本ではエンゼルパイですね。
あ、ちなみにロッテは韓国資本なのは、みなさんご存知ですよね? ロッテのお菓子は韓国でも沢山売ってま〜す。だからチェジウとかロッテの宣伝に出ているんですな〜。
 


あとは私の以前から好きなエースクラッカーと「コソミ」とか言うゴマが沢山入ったクッキーを買ってみました。空港で小腹が空いたんで食べましたが、結構「コソミ」クッキー美味しかったですよ〜。
 

      上がエースクラッカー、下がコソミ

そうそう。コンビにでも感じたことですが、韓国では無駄に買い物袋渡さないんです。
そういうのも好感持てました。日本だと小さいのひとつ買っただけでもすぐ袋、って感じで、だいたい無駄なんですよね〜。

韓国の印象として、無駄なことは省く、っていう精神があると思います。

オデンとか買って屋台で食べるときも、みんなでひとつの醤油ダレにオデンをつけて食べますし、おかずも日本みたいに、いちいちひとり分ずつ取り分けて出てきません。

みんなでひとつのおかずを突いて食べる。そしたら洗い物も少ないし、良いんじゃないですか? 
ケーキですら、日本みたいにとり分けたりせず、切らずに、そのまま、しかも箸で突いて食べるそうです。何かそういう食べ方に慣れたら、日本はなんて細々してるんでしょう?って感じですね。しかもそのために結構無駄なエネルギーも使ってる気がします。

単にアバウトなだけか、合理性を考えてのことかはイマイチよくわかりませんが、そのアバウトさの中にも、日本の色々無駄遣いするような生活を反省させられることが沢山あるような気が、私はしました。

と、いうわけで、やはり異文化を知ることで自分の住む国がどうなのか考えるきっかけにもなるってことで、やはり韓国を含めて、海外へは行かないより、行った方が良いと改めて思った旅行でありました。

来年も韓国へ頑張って行くぞ〜!



家に無事帰って来てからは、海印寺で買った風鈴を、磁石でくっつくので、冷蔵庫にはっ付けて、韓国旅行を思い出して楽しんでます。
この風鈴も日本にはないデザインで、可愛いでしょ? 音色もとっても綺麗なんですよ。
Posted by chappy
韓国編 / 13:15 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 13:15 / - / -
COMMENT