Search This Site

Categories
奈良を知る
Selected Entries
watch
Bookmark
Travel
Recent Comments
Profile
Archives
Others

ぶらり古都巡り 奈良・京都  名所+食べ歩き

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
・はなや北川 インパクトのある十割蕎麦がいただけるお店
JUGEMテーマ:グルメ




奈良市写真美術館に行ったとき、丁度、美術館の近くに「はなや 北川」というお蕎麦屋さんの宣伝のチラシが貼ってありました。

なんでも十割蕎麦が頂けるとか。
北海道に住んで以来、関西人であるにも拘わらず?すっかりうどん派から蕎麦派に寝返った私。
最近は美味しい蕎麦のお店を探しては喜んでおります。

十割蕎麦のお店を発見したからには、行かないわけには参りません。
だって、十割蕎麦のお店って珍しいですから。

写真を鑑賞した後、写真美術館でもらった周辺地図を頼りに、サーチ開始。
美術館から徒歩5〜10分ぐらいの所にありました。

場所は志賀直哉旧邸宅からだと、さらに東に5分ぐらい行った大通り沿いにある所です。これまで志賀直哉旧邸宅付近の「たかばたけ茶論」等に行った事はあり、この付近はうろうろしていたことはあるんですが、少しばかり東に行った所に、素敵なお蕎麦屋さんがあったなんて、全く知りませんでした。

お店を発見したら、概観からして、素敵な感じのお店。
店内に入ると、尚更、良い感じ!

我が家の母は和風なお店が大好きなんですが、そんな母のツボにはまる感じの、落ち着いた感じのお店です。

中央には囲炉裏があって、窓の外には中庭が広がっています。




店内には美しい花々が生けられており、実に落ち着いた雰囲気のお店です。



早速十割蕎麦を注文。ちなみに一日10限定なんだそうです。
私たちが行ったのは、平日で、しかも冬の観光閑散期だったからか?2時ぐらいに訪れたんですが、まだ売り切れずに残ってました。あ〜よかった〜。



2:8蕎麦もあって、こちらは限定ではないそうです。

十割蕎麦は、お店のご主人が、最近のお蕎麦屋さんで主流のそうめんみたいなツルツルした喉越しだけを求めるそばに疑問を抱き、蕎麦本来の味を楽しんでもらおうと、打っておられるそうです。

私もそば粉で料理とかしたことあるんで、わかりますが、つなぎの小麦粉を入れずに蕎麦粉だけでお蕎麦を打つのが、どんなに大変か。
そんな大変な作業を経て、ようやく私たちの前に出されたお蕎麦に感謝しながら食べました。

うちの母は韓国の田舎出身。昔韓国で挽き立てのそば粉を使った「ムッ」(日本でいえば見た目は羊羹みたいな形。でも甘くはなくて、おかずとして食べる料理)を食べて、それが美味しくて忘れられないと、いつも言っている母ですが、ここのお蕎麦は、そんな母のハートを鷲掴み!
 
蕎麦一本一本が細いうどんみたいに太くて、十割なんで、蕎麦の香りと甘みが、噛めば噛むほどに楽しめます。本当食べ応えありました。



形も、いかにも手づくりならではな感じでやや不ぞろいな感じ。一本だけすごく太い蕎麦があったんですが、それは母に奪われました!
食べた母の感想
「歯ごたえがあって、昔韓国の田舎で食べたのはこんな感じやってん!」
だ、そうです。私も食べたかったよ、おっかさん。。

つゆも最近のやたら甘いつゆと違って、自分のポリシーを貫かれている店主の意向を反映して、甘さも控えめ。

最初に出される蕎麦茶もすっごくお蕎麦の香り高くて美味しい。
蕎麦湯も当然出てきます。本来は蕎麦湯に蕎麦の栄養分が出てしまうので、蕎麦湯を飲むらしいんですが、こちらのお蕎麦は蕎麦湯飲まなくても、お蕎麦だけで十分蕎麦の栄養とれちゃいました、って感じでした〜。

店の雰囲気良し、お蕎麦良しの、本当良いお店を発見できた嬉しい日でした。
是非、高畑界隈を散策される際は、訪れて見てくださいね。
 
 はなや 北川
 〒630−8301 奈良市高畑町1291−3 
 TEL0742−23−5722
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 09:14 / comments(4) / -
・apa apa cafe
JUGEMテーマ:グルメ

「鹿男」ロケで玉木君に遭遇できた日、ランチのあと、どっかでお茶しようという話になり、色々探して辿り着いたのが「apa apa cafe」。
「大丈夫、どうってことないよ」という意味の言葉、「Tidak apaapa」からついた店名だそうです。

ビルの上にあるので、階段脇にある小さな看板を見過ごすと、存在自体気づかずに通り過ぎてしまいそうな場所にあります。ランチを食べた「にこちゃん堂」のすぐ近くです。

こんな目立たない場所にあるから、人も少ないんじゃないか?と勝手に思っていたら、何のその! 沢山人がいました。

何とか無事に5人座れたんで、良かった良かったと、ケーキなどを注文。
どれも美味しそうなケーキばっかり!

私は「抹茶のシフォンケーキの黒ゴマアイス添え」と紅茶を、
友達は「キャラメルチーズケーキ」とか「リンゴケーキ」「フレンチトースト」などを注文してました。
   
品物が運ばれてくるまでお店が込んでいたこともあり、やや時間は掛かりましたが、運ばれてきたケーキはどれも美味しそう〜。



私の注文した抹茶のシフォンケーキはシフォンケーキというより、パウンドケーキみたいにずっしりした食べ応えのあるケーキで、抹茶がとても良く効いていて、黒ゴマアイスも絶妙。かな〜り好みの味でした。

紅茶の味は普通だったけど、器が可愛い。すっごく手作り感溢れるカップで、何だかほっとりやさしい気分になれました。

友達の頼んだフレンチトーストの器もとっても可愛くて、形がお花みたいな形をしていて、しかも食べ終わると顔が出てくるユニークなもの。
こういう風に器にこだわっているお店って好きだな〜。

私たちが食べている間も次々にお客さんが入ってきて、店内は満席。
常連のお客さんが多い感じのお店でしたよ〜。

ランチやお酒類も充実した、幅広く利用できそうな感じの良いお店でした。
今度はランチを食べに行きたいな〜。

 apa apa cafe
 奈良市椿井町51 ぶじもとビル2階
 tel0742−26−3408 
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 23:52 / comments(2) / -
・「鹿男あをによし」とにこちゃん堂でランチ
JUGEMテーマ:グルメ

先週の日曜日2月10日、女友達5人と奈良町に遊びに行きました。
お昼時だったんで、カナカナでランチをしようとしたら、臨時休業!
しかも1週間ぐらいお休みされるそうです。

さてさて、ランチを何処で食べるかと思案して歩いていたら、人だかりが・・・。
これはもしや!っと思って、その辺のお姉さんに聞きました!
これは「鹿男」ではないかと・・・。
案の定、「鹿男あをによし」の撮影で、しかも玉木宏君をまじかで見たと、
お姉さんは言うじゃありませんか!

この日は、奈良市に遊びにいく時から、ひょっとしたら玉木君に運がよければ
出会えるかもな〜んて、都合の良い妄想を膨らませていた私でしたが、本当にロケ現場に遭遇するとは! 

年末の「のだめカンタービレ」の再放送を見て以来、にわか玉木宏ファンの私としては、実物をついに見れるとワクワク。

でも人垣で何してるかも良く見えないし、何だかスタッフさんが、とっても大変そう。 ロケとか興味ない人々が次々に通り過ぎようとして、撮影がなかなか進まないっていう
んですか。

まだお若い女性スタッフが叱られているのをみて、何だか気の毒になったり・・・。
ドラマの撮影って役者さんも大変だけど、影で支えるスタッフさんはもっと大変
なんだろうな〜って思いました。

一旦通行が解除されたときに、撮影待ち?の玉木君の前を通りましたが、
テレビで見るのとやっぱ本物はちゃいますね〜。めっちゃ顔小さいんです。
身長高いのに顔が本当小さくて、なんぼどスタイル良いねん!って驚きました!! 

でもあんまりじろじろ見るのも本人に対して悪い気もして、チラッと見ただけなん
ですけどね・・・。
友達は「お肌つるつる!」とか言ってましたけど、よくあんな一瞬でそんな細かい
トコまでみてるな〜と感心しましたよ。

その後、丁度カメラの後ろに陣取ることができて、マドンナさんと玉木君が歩く
シーンも見ることが出来ました。マドンナさんも実物はとてもすらりとスレンダーですな
〜。

個人的には綾瀬はるかちゃんも好きなんで見たかったですけど、
玉木君が見れただけでも感謝感激! 
こんな田舎の奈良にトレンディーな(こんな言葉使ってる時点で、もう古い人間ですよ。あたしゃ〜)俳優さんが見れるなんて、奈良県民、うれしかったっす。。



その後、腹が減った私たちは、玉木君を見た興奮も冷め止まぬまま、
前から友達に連れて行ってとせがんでいた「にこちゃん堂」さんへ。
はじめは「パトリ」に食べに行きたかったんですが、あいにく満席〜。
すぐ近くにあるにこちゃん堂へ。

店内はとってもレトロな雰囲気で、出てくるお料理もとても家庭的な感じです。
メインはかき揚げと肉味噌入り卵焼きのどちらかを選べました。
これに雑穀ご飯と、おかずが数品目、お味噌汁が付いてきます。
でも味はよく覚えてません・・・。
なぜなら、生玉木君を見れたことで、胸が一杯だったからです!!
多分私以外のふたりもそうだったに違いなし!!


            こちらはメインがかき揚げバーション
 
でもね、味噌汁が生姜がとっても良く効いていたことと、
雑穀ご飯がプチプチして美味しかったこと、ほうれん草もエグミがなくて、
甘かったことは覚えています。

ランチは1000円なり〜。
野菜が沢山ついてくるので、とっても良いじでしたよ。
店内の雰囲気もレトロな感じで、テーブルが昔の古い足踏みミシンを改良したもの
だったり。古いものを上手にインテリアとして使用されてました。
 
座席は1階はテーブルなんですが、どうやら2階は靴を脱いで寛げる席になっている
ようです。
今度は2階席に座ってみたいな〜と思いつつ、にこちゃん堂を後にしたのでありました。

 にこちゃん堂
 奈良市椿井町45<椿井小学校前>
 Tel * Fax0742-26-2614 
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 16:23 / comments(2) / -
・奈良町 知路留で美味しいランチ
JUGEMテーマ:グルメ



前から奈良町を散策するたびに前を通りかかり、行きたいな〜って思ってたお店があり
ました。それが『知路留』です。

入ろうと思っても、ランチがもう売り切れていたりってことが多々あって。
今回は気合をいれて、きとんとブログで定休日を確認して、更に予約の電話をいれ、
満を持して?友達と知路留へ行きました。

のれんをくぐってから、延々と続く細い路地を歩いて行くと、『知路留』さんがあります。がらりと戸を開けると、そこには昔ながらの落ち着いた雰囲気の長屋の空間が広がっています。

玄関で靴を脱いで、室内に入ると、中庭が見える素敵なお部屋。



室内はとても暖かくして下さっていて、暖房だけじゃなくて、ホットカーペットまで。その上、寒くないように温かなひざ掛けが置いてありました。

そこかしこに可愛らしいお花が生けてあり、とても気配りが届いた、感じの良いお店です。



ランチは1500円で、私たちが行ったときは、メインが鶏肉のごぼう巻きかマグロのハンバーグかが選べました。
 
私はマグロのハンバーグを。鶏肉のごぼう巻きは友達のを奪って?食べました。
これがどっちもとっても美味しくて、鶏肉は柔らかいし、マグロのハンバーグはあっさして食べやすいお味。





おかずも沢山ついていて、
 
 ほうれん草のおひたし
 若ねぎと豚肉の煮もの
 キクラゲとじゃがいも・人参の炒めもの
 セロリの中華風味漬け
 揚げ出汁豆腐
 
以上に雑穀米の入ったご飯と、白菜などの具が沢山入った味噌汁が付いてきます。

どのおかずも、実に程よい感じの味付けで、濃すぎることもなく、かといって薄すぎもせず、どれも素材の味が生きた味付けでした。

外で外食すると野菜類があまり取れない場合が多いのですが、こちらは野菜を沢山食べることができました。

これに野草茶とわらび餅がついてきます。
わらび餅も、とても柔らかくてしかも甘さ控えめでGOOでした。 



接客をして下さったおじ様が、また感じの良い人で、私たちが奈良の人間と知ると、
「ご近所さん大歓迎」と、とても嬉しそうに言っておられました。

料理といい、店内の温かな雰囲気と言い、長居したくなるような、そんなお店。

この日は本当寒い日で、中庭を眺めていると、雪が沢山降って来てました。
こんな寒い中外に出たくないな〜と思いながらも、他のお客さんのためにあまり長居はできません。ゆっくりしたいけど、この居心地の良い空間を後にして、他の店に更に行く私たちなのでありました。 

知路留は座席数はあまりない感じで、私たちが食べているときも満席でした。
予約をせずに来た方たちが待たされている様子をみると、やっぱり予約して食べに来て正解だったな〜と思いました。

 知路留 
 奈良市薬師堂町30-1
 tel0742-24-4460
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 23:11 / comments(2) / -
・桜井 マジックマレットで美味しいカレーを
JUGEMテーマ:グルメ



さてさて、安倍文殊院に初詣に行った帰り、桜井駅前にあった「マジックマレット」というお店に行きました。このお店は友達のお気に入りのお店で、前から行って見たかったんですが、たまたま発見したので、喜んで行ってきました。

お昼のメニューはカレーかサンドイッチです。基本的に喫茶店です。
 
私は無農薬野菜と鶏肉のカレーを、友達はグリーンカレーを注文。
 
しばらくするとフォークやスプーンが出てきたんですが、それが手づくりのジーパン生地にポケットが付いたランチョマットに入って出てきたんで、その可愛さとアイディアに感心。



う〜ん。こんな風にして作ったランチョマット初めて見たな〜。

更にしばらく待つと、サラダとカレーが。
 
私の注文したカレーには、私の大好きな蓮根がたっぷり。身体に良さそ〜。
しかもご飯も雑穀米だし。得点高し、です。



ちなみに友達のグリーンカレーも試食。う、うまい!!
今まで食べたグリーンカレーの中で、一番私の口にあった味でした。
ここまで美味しいと思わなかったんで、ちょとびっくりしました。
普段は決して外食でカレーを注文しない私ですが、ここのカレーは結構美味しかったです。何だかスパイスの効いた味がするんですよね〜。

食後には紅茶が。砂糖もフランス産の粗製糖が出てくるのもポイント高し。
カレーとサラダ、飲み物で値段は800円〜900円だったかな〜?


 
ケーキもおいしそうだったんで注文。私はモンブランを。
友達はサツマイモのチーズケーキを。
モンブランは私には味がちょっと甘すぎ〜。
サツマイモのチーズケーキは、チーズケーキって味があんまりしなくて。少し微妙。。



ということで、ケーキはちょっと期待と味が違いましたが、カレーは美味しいし、
お店の雰囲気も良いお店でした〜。
可愛いジーパン生地を使った雑貨やそれ以外の雑貨も沢山売っていて、食べるのも見るのも楽しめるお店でしたよ〜。

今度桜井に行ったら、また行こう〜。
店の人に聞いたら、基本的に年中無休と言っておられましたよ〜。

 マジックマレット
 奈良県桜井市川合256-8
 Tel & Fax 0744-43-2226
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 11:47 / comments(0) / -
・ネイチャードーナツのお店 フロレスタ
JUGEMテーマ:グルメ



昨年の夏に食べに行って、すっかり紹介するのを忘れていたお店がありました。
奈良市にあるフロレスタというネイチャードーナツのお店です。

他の方のされている奈良の食べ歩きのブログを見て、興味を持って、友達と行ってきたんですが、さすがにネイチャードーナツと言われるだけあって、本当に家庭で作ったドーナツのように素朴な味わいのドーナツでした。

私はきび砂糖のドーナツと、チョコレートのドーナツを食べましたが、甘さも控えめで、ミスドなんかの甘くて、ふわふわしたドーナツを食べなれている人には、味が薄く感じられるかもしれませんが、しっかりと小麦の素材の味がするような優しい味わいのドーナツです。

やや小ぶりでお値段も高めには感じましたが、まあミスドのドーナツも膨らし粉でかなり膨らしてるでしょうから、こちらの方が小さくても中身は詰まってるのかもしれません。



こちらのお店では、アルミニウム無添加のベーキングパウダーを使用されているのですが、私も家でお菓子を作るときなどはいつも使用しています。なんでもアルミニウムは痴呆の原因になるとか・・・。下が私の愛用しているアルミニウム無添加のベーキングパウダー。



個人的にはそこまでこだわるのなら、揚げ油のなたねが遺伝子組み換えかどうかも表示して欲しいところですが、とりあえず、ミスドのドーナツなどに比べると、安心な素材を使ったドーナツなんじゃないでしょうか。
 
興味のある方は、お試し下さい。ちなみにお店では、テイクアウトも中で食べることも出来ますよ。
 
このときは神戸から友達が遊びに来たんで、奈良市を案内してたんですが、友達は、神戸でもこんなお店はまだないと言ってました。
そう考えると、奈良ってこういう「身体にやさしい」をコンセプトにしたお店が、結構多いな〜っと思います。

最近、また久しぶりに行ってきました〜。今回は、新作かぼちゃドーナツと、塩キャラメル、チョコココナッツをテイクアウト。どれも値段が150円ぐらい。
家に帰って食べたら、特にチョコココナッツが美味しくて、はまりました〜。
チョコの部分がパリッとしていて、ココナツも良い感じ〜。



店内でコーヒー等を飲むときは、砂糖も粗精のてんさい糖か黒砂糖が使えることを発見。やっぱ身体に優しい食材にこだわられているようですね〜。

 フロレスタ 
 奈良市小西町8−1ラフィーヌ東洋ビル1階
 TEL&FAX:0742-24-7397 
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 22:09 / comments(0) / -
・東大寺散策に疲れたら 仏像写真ギャラリー飛鳥園
JUGEMテーマ:グルメ



またまた正倉院展に行ったときの話です。

正倉院展を十分楽しんだ後、喉も渇いたので、国立博物館の近くの「仏像写真ギャラリー飛鳥園」という喫茶店に初めて行きました。

ここは東大寺に行くとき、いつも前を通り過ぎている場所です。通り過ぎているけど、入ったことがないお店でした。



今回初めて入ってみたら、奥にはリゾートっぽい空間が広がっています。
なんだ、こんなに雰囲気のよいお店だったのね、って感じです。

ここは基本的に、仏像写真などをあつかったり、展示会などをしているスペースなので、これまで入ったことがありませんでしたが、竹林の林を眺めて喫茶ができるスペースは、和と洋が調和した感じで、とても落ち着く感じでした。


               開催されていた書道展の作品

木漏れ日の差す中、オープンガーデンで紅茶を飲むひとときは、なんだかちょぴり贅沢な感じでしたよ。



ただし、冬は外でお茶をすするのは寒いでしょうから、店内の喫茶スペースでなさってくださいね。
夏に蚊が出るときは、きちんと足元に蚊取り線香が置いてあります。
 
紅茶はポットで630円ぐらいだったかな?そんな高くはなかったです。

歩きつかれて休憩するのに、落ち着いた感じの良い場所ですよ〜。
 


 飛鳥園(喫茶のことは書かれていません)
 奈良市登大路町59
 TEL :0742-22-2872
 FAX:0742-23-1970
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 12:20 / comments(2) / -
・奈良町 マルスラパン
JUGEMテーマ:グルメ



以前から、叙友舎やロカシカカフェに行く途中に見かけて、気になっていたお店、マルスラパンに正倉院展のとき行きました。

いつ行っても、予約のお客さんしか受け付けないって感じなんで、事前にきちんと予約の電話をして。

正倉院展や、正倉院自体を見てから、てくてく奈良町まで歩くこと20分ぐらい。

ようやく辿りついたら、やっぱり案の定、「予約のお客様のみ」の札が出ていました。
お店の人に聞くと、やっぱり土日・祝は予約しないと、席が空いてないとか。



予約したカウンターの席に座り、注文していたお昼の2500円のコースを頂きます。 
とりあえず、飲み物も勧められたんで、別料金で注文。
友達はマンゴージュース、私はジンジャーエールを。各420円。
 


このジンジャーエール、今まで飲んだジンジャーエールの中では一番美味しかったです。本当にジンジャーの味がするあまり、喉が熱くなるぐらいでしたから。丁度、生姜湯を飲んだときみたいに。喉に効きそうな味がするんです。これが本当のジンジャーエールの味か、って感じでした。

さて、まず前菜です。
この日は、サーモンのサラダでした。
まあまあのお味です。



次にメイン。肉か魚から選べます。
友達は肉を。私は魚を。



私のは、確か太刀魚などの白魚とホタテのソテー。これも、ソースにパプリカがきいていて、結構美味しかったです。



前菜と、メインに、 フランスパン一切れと、デザート、紅茶かコーヒーが付いて、2500円。私たちはドリンクも別に頼んだので、2920円。



う〜ん。味は悪くなし、お店の雰囲気やマスターの人柄も悪くないんですが、コストパフォーマンスが悪い気がします。

ランチで2500円なら、せめて、もう一品、スープなど付いて欲しいのが正直な感想。あまりに物足りなく私は感じました。
しかも私はパンとかご飯とか食べないとご飯食べた気がしない人なので、フランスパンが一切れ、追加して2切れ食べたぐらいじゃ、全くお腹も膨れません。

このメニューで2500円という値段に満足する人は、一体どれぐらいいるんだろう?
っていうのが、正直な感想です。味が別に悪いわけじゃないだけに、ちょっと残念な気がしました。

も少し値段を安くするか、品数を増やしてください、マルスラパンさん、って感じです。この感想は、単に私が大食いなだけではないと思われます。その、はずです・・・。

あと、またかよ?って思われるかもしれませんが、私は紅茶にこだわりを持っているお店を高く評価する傾向があり、こちらで出てくるデザートのあとの紅茶が、いたってフツーだったのも、ちょっと残念。

小生意気なことを言うようですが、食後のドリンクまで手を抜かないのが、本当のプロだと思っています。単に私が紅茶フェチなだけなのかな〜?

口コミなどで、結構評判が良いお店だっただけに、正直ちょっと期待しすぎたかなって感じです。とにかく値段にあう程度に量を改善して欲しいです。
せめてもう一品〜!

 マルスラパン 
 奈良市薬師堂町9番地
 TEL 0742(26)8959
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 10:53 / comments(2) / -
・吉野葛 佐久良 再訪
JUGEMテーマ:グルメ



前も紹介した「吉野葛 佐久良」さんですが、私が奈良市に行くとよく行く、お気に入りのお店です。

前回の「吉野葛 佐久良」の紹介記事では、自分の食べたものの写真や店内の雰囲気の写真がなかったので、今回、写りは携帯(自分の携帯持ってないんで母の)なので悪いんですが写真を撮ったので、もう一度紹介しておきます。
 
先日、奈良市に采女祭りを見に行ったとき、午後7時から猿沢池で祭りが始まるので、それまで時間つぶしも兼ねて、こちらのお邪魔しました。

何回も行っているので、お店の人も顔を覚えてくれているらしく、すんなりと奥の間に通してもらえました。采女祭りなど行事がある日にもかかわらず、その時間帯は私達しかいませんでした。

いつもは決まって葛きりを頼むのですが、あんまりいつも葛きりばかりなんで、今回は母は葛きり(840円)、私は値段も手頃な葛餅(630円)を注文してみました。

本当はお店の人が、最近夏のメニューとしておくようになった、冷やし葛しるこや、くず白雪(葛餅の上に白玉やアンコ、カキ氷がのっている)が今年はよく出た、と教えてくれたんですが、9月も下旬になるとあんまり冷たいものも食べたくないので、それら来年の楽しみにとっておくことに。



久しぶりにこちらの葛餅を食べましたが、いつものように作り立てで美味しかったです。でもやっぱしこしこした歯ざわりは葛きりかな〜。
葛餅は、どうも葛きり好きの私には、歯ごたえが物足りなく感じてしまいました。
結局母の葛きりを貰って食べてました。

でも本葛を使用しているので、味はどちらも美味しいんです。
食感の好みの問題ですかね。あと葛餅はやや砂糖で甘みが付いているし、きな粉も上から掛かっているので、純粋に葛の味を味わいたいならやはり黒蜜のみで食べる葛きりでしょうか。



改めて自分が無類の葛きり好きであることを確認したのでありました。
やっぱちょっと高くても今度からは葛きりにしーよおっと。

 吉野葛 佐久良
 奈良市高御門町2番地
 TEL 0742−26−3888
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 11:17 / comments(0) / -
・なら町 江戸川
JUGEMテーマ:グルメ



最近お店の紹介をしておりません。
今回は、前に奈良市に行ったときに訪れたお店を紹介したいと思います。

いつも良く行くなら町で、表を通りすぎてばかりいたお店があります。
「江戸川」さんです。どうもチェーン店ぽくて、入る気がしなかったんですが、母がもう歩くの疲れたから、ここにしようと、「江戸川」さんへ。

表のメニューで「大和野菜のにぎわいランチ」なる1850円の、旬の大和野菜をたっぷり使った平日限定ランチメニュが、お昼にしてはちと高めですがあったので、早速それを注文しました。

お店の中も概観から想像していたより、かなり素敵な雰囲気です。
なんでも築130年の呉服商家建物なんだとか。中に入ると中庭の景色も見え、青々とした楓の葉が見えます。
さすがに9月の下旬だったので、上の方だけ紅葉していました。

お座敷も掘りごたつ式だったので、大変座りやすく、年配や足の悪い方には喜ばれるんじゃないでしょうか。

さてさて、はじめに大和野菜の盛り合わせが出てきました。
10種類近くの野菜が少量づつですが出てきて、味付けもそれぞれ違って、とても可愛く、繊細な感じです。
中でも、大和ねぎを焼いただけのものが、ねぎの甘さに驚きました。まるでフルーツのような甘さです。
それ以外にも、小さな椎茸やサツマイモをレモンで煮たものなど、それぞれ野菜の味が生かされた味付けがされたメニューでした。



その後は、メインの大和鳥の焼き物です。これはこちらが本当は鰻屋さんなので、鰻の蒲焼と2種類から選べます。私は鳥を、母は鰻を頼みました。
鳥肉も歯ごたえがあってなかなかいけました。


 
ご飯は、お茶漬けにして食べることが出来、ご飯と一緒に食べるのための漬物や付けあわせが出てきて、これもなかなか美味。

最後にお茶のアイスと団子のデザートまで出てきます。
先ほど植村牧場でソフトクリームを食べたばかりだったので、甘いものは食べたくない気分でしたが、お茶の味であっさりしていたので、食べてしまいました。
特に団子がすごくもちもちしておいしかったのが印象的です。



いや〜、チェーン店でもこのお店みたいに、奈良に密着した感じの美味しいお店もあるんだね〜、と思ったのでございました。

値段は少しお高いですが、店の雰囲気と料理は結構良い感じのお店したよ。

私はお酒は飲みませんが、夜にはバーになるような一角もあり、昼ばかりではなく夜も楽しめそうなお店でしたよ。
 
 ぐるなびより 
Posted by chappy
食べ歩き 奈良編 / 15:43 / comments(0) / -